夢見る初老ではいられない   一首


f0100480_20115330.jpg



21:45



あ り が た く い つ も 敗 者 で あ り し 日 の「 さ す ら い 」 歌 う わ れ に 会 い た し



ありがたくいつもはいしゃでありしひの「さすらい」うたうわれにあいたし


 悩んで


 悩んで、歌集の第三章、二十首を削ることにした。これでざっと数えたところ二百四十一首、半端やなあ……しかし、笑。タイトル、表題、つまり歌集名も変えることにした。表紙画を前の歌集名のままの仮原稿を画家の森元君に読んでもらっているので、連絡をしなきゃならない。新しい書名がある画家に関するものだから、森元君描きにくいかなあ。見つめるような見つめないような眼をした彼得意の青年を描いてもらおうかしらん。とにかく連絡だ。



 トップの写真は歌友の田村龍平氏の写生画展。最終日の今日、顔を出してきた。ちょっと忙しかったのですぐお暇したのだが、関東から来てた詩人の萩野なつみちゃんと歌友のツトム君ともばったり。後で知ったけれど歌友きゃろさんとはニアミスだったらしい。田村く~ん、長くおれなくてごめんね~、搬出も手伝えなくて、焼肉もお付き合いできなくて。ああ、晩飯まだだ~。



 バレーボール(女子)、応援している東レは昨日、日立リヴァーレに完敗、今日は岡山シーガルズに3:1で勝利して6位に浮上。試合会場は東レの地元・大津だったんだ。見に行けばよかったかも。それと入れ替え戦で上がってきたJT強いなあ、名前通りマーヴェラスだよ、ほんと。



f0100480_2116426.jpg

 昨日は道浦母都子さんの歌会に初参加。初参加なのに忘年会だったので、厚かましくついでにお邪魔してきました。初心者から20年やっておられる方とか、歌歴はさまざま。最高点もらって帰ってきました。写真は忘年会のあった阪急かっぱ横町からドラマシティを抜けて、葉ね文庫へ向かう道。どこもかしこもクリスマスデコ。



  
 SHAZNAのIZAM熱が少し冷めたらと思ったら、たまたまあの曲カッコよかったなあ、と懐かしんで見た相川七瀬に嵌ってしまった。中古屋、ネットでちょいと揃え、DVDも購入。毎日見ている。これも性分だから仕方ないね。しかし、カッコイイ。まっとうロケンロー。歌詞もメロディに歪に沿ってなく素直だ。もう歌集名を「夢見る初老じゃいられない」にしようかと思うぐらい、惚れ込んで、熱いなあ。大阪の上新庄出身というのがまたええやんか。それで相川かな。




 そんなこんな。





f0100480_2132162.jpg

只今のながらMUSIC

ROCK or DIE / NANASE AIKAWA
[PR]
# by alglider | 2016-12-04 20:11 | 短歌 | Comments(2)

曇よりどんより   一首

■■
■■
f0100480_16425990.jpg


18:26



ご 冗 談 を 舫 と か れ し 舟 の ご と 私 は 過 去 に 抱 か れ て い た の



ごじょうだんをもやいとかれしふねのごとわたしはかこにだかれていたの


 今日は


 朝から雨で、雲が厚く、薄陽もなくかぎりなく暗い。で、気分もかぎりなく沈みがち。掛け値なしでお天気のせいにできるほど、何ごとも進展しない、そんな一日になろうとしている。結社誌「月光(第三次)」が次号で50号を迎え、結社・月光の会も結成30年(かりんと同じだそうだ)になる。それで締め切りを伸ばし、合併号ということで原稿が募られているのだけれど、今日、まとめるつもりだったのがかなわずにいる。


 歌集の方もほとんど構成できたつもりでいたが、ちょっと大きな手直しを思いついて、一度試しに組んでみようと思っている。書名も変えるかもしれない。まあ、それも今日少し進める予定だったが、進まず。ま、そんな日もある。


 トップの写真は葉ね文庫の池上さんがセレクトした歌集や詩集を置いている珈琲専門店「井尻珈琲焙煎所」。大正区にあるので、私にとってはちょいと不便な位置である。まあ、ときどきね、という感じである。



f0100480_17541465.jpg

 葉ね文庫に置いてもらっている月光49号に上の写真のようなポップが。お尻のあたりがこそばい感じだが、池上さんが読んでそう思ってくれたなら、正直嬉しい限りである。しかし、何故ハンドルネームなのであろうか。



f0100480_17574332.jpg

 この家の人は、朝、私が通勤で前を通るときに必ず落ち葉の掃除をされていたが、引っ越しをされたようで、ずっと桜葉の紅葉が積もっている。



     放 哉 の 栞 に せ ん と 落 葉 を え ら び お り し が 深 紅 か な わ ず





f0100480_184462.jpg

 「IZAM萌え」は相変わらず続いていて、ソロCDまで手を出したけど、駄目。インディーズからメジャーになって人気が出て武道館を満員にしていたころが一番いい。徹底的にかわいいところ取りのミーハーでいたい。





 そんなこんな。





f0100480_18181765.jpg

只今のながらMUSIC

SPARK / 上原ひろみ
12/10 大阪フェスティバルホールは上原ひろみトリオ・プロジェクトを見に行く。
[PR]
# by alglider | 2016-11-27 16:42 | 短歌 | Comments(0)

編集で癒されて    一首


■■
f0100480_1984157.jpg


20:26



う な さ れ て 起 き て ま た 寝 し 月 曜 の 戦 場 にか か る 橋 を 渡 ら ず



うなされておきてまたねしげつようのせんじょうにかかるはしをわたらず



 仕事で


 いろいろと神経を使うことがあり疲労困憊なのだが、そういうときに短歌を詠むのではなく、過去の詠草を編集するというのは、精神的な安定をもたらせることを経験した。憂鬱な気分で帰宅するのだが、食事を済ますとすぐパソコンとプリントされた歌稿に向かう。だいたい出来上がってきたけれど、それは構成であって、昨日は文法をみていると助動詞の「り」の接続を間違っていたりして、こういう文法上の問題も含め、仮名遣いなど表記の問題、不自然な「てにをは」など落とし穴はいっぱいありそうだ。


 およそ二六〇首ほどになったが、入院生活を詠んだ二〇首をばさっと削ろうかとも思っている。これは今まで月光から出してきた歌集との関連で思っている。シリーズなのだからいきなり値段が上がることは好ましくない。しかし、8月の終わりは編集担当の野口さんに「すみません、年を越します。まだ進んでません」なんて謝ってたのだけれど、こうやって形ができてくるとうれしいし、しかもスケジュールより早く進行している。気を抜かないように。はい。ツイッターで歌集のことをつぶやくと山田航君が「イイネ」を付けてくれるのが、密かな励みになっております。


 そうそう、短歌関係では13日に道浦母都子さんの講演会へ行ってきた。「無援の抒情」の新装版が売られていたが、古い80年発行のを持って行ってサインしてもらった。喜んでもらい、道浦さんに「歌会を開いてないのですか?」とお尋ねすると、2か月に1回、セミナーのような形式で開かれているという。これ、朗報。12月から早速参加することに決めた。



f0100480_202183.jpg

 これは98年のSHAZNAの武道館ライブビデオ(VHS)。もうビデオデッキなんか処分したのに、DVDにダビングして持っておきたくて、なんと中古で安かった(SHAZNA関連はCDだと1円からある)ので購入。今、このビデオの映像はYouTubeで2時間以上すべて見ることができるが、いつ著作権問題で見られなくなるか分からない。ああ、そこまで熱中している自分は久しぶりで、どこに向かっているのか不安である、笑。



f0100480_20155538.jpg

 そろそろ手袋の片一方だけが落ちてる季節になったようだ。リスちゃん曰く「ロスト片方」だっけ。気付いたら、今年も撮影し続けてみよう。




 私を悩ましている問題は解決をしていないが、明日は忙しい。そんなこんな。





f0100480_20215355.jpg

只今のながらMUSIC

TOKYO BALLET REPRISE / SHAZNA
[PR]
# by alglider | 2016-11-20 19:08 | 短歌 | Comments(0)

相変わらずIZAMです   一首



f0100480_22202120.jpg



01:28



歌 う た う 心 さ が せ ば 開 か れ し ハ ン マ ー ス ホ イ の 扉 の む こ う



うたうたうこころさがせばひらかれしはんまーすほいのとびらのむこう




 日曜の帰宅は


 遅くなりそうなので、深夜に少し書き始めている。日曜は初めて勤めた職場、大学生協書籍部の上司からのお呼びで歌人道浦母都子さんの講演に行ってくる。趙博さんの唄とのコラボだけれども、趙さんは初めてであるから、どうしても道浦さんに私としては比重がかかってしまう。最近「無援の抒情」を再発行された道浦さんだが、葉ね文庫で「こういう時代だからこそ」というメッセージであるとの話を聞いた。本棚に眠っていた「無援の抒情」を引っ張り出し、一筆お願いしようかと思っている。道浦さんは関西で歌会を主催されていないのだろうか? そんなことも尋ねてみたい。


 歌集は第三稿に入った。まだまだだが少し形は見えてきた。しかし、読み返していると、すべてを破棄したくなる感情と、これはええ歌集やないの!という相反する気持ちが日替わりで現れる。“破棄”状態の時は進まず“ええ歌集”状態の時は校正も大胆な組み替えも進む。勝手なものである。自意識過剰なのであろう。



f0100480_054611.jpg

 プリントした歌集原稿を二つ折りに綴じ、持ち歩いては喫茶店(おもにドトール)で、校正、文語の場合は文法のチエック、それと大胆な「没」作業をやっている。金曜の夜、葉ね文庫で「電車の中で詩集を読んでる人を見かけると気になるなあ」なんていう会話が出ていたが、それでいくとドトールで短歌の校正もかなり気になる。そうだなあ他人がしていたら声を掛けてしまうかも。めちゃ迷惑がられるかもしれないけど、笑。あ、私の場合は大丈夫ですよ。よほど煮詰まってないかぎり。それも、あまり煮詰まらないし、笑。



f0100480_0594611.jpg

 かかりつけの病院へいく裏道にある畑に毎年コスモスが揺れる。何だか少ないね今年。いつもあちこちで写真を撮るのだけれど、ここだけだったな、撮影ポイントは。紅葉も遅い。



              

 本当にどうしようもなくSHAZNAばかり聴いていて、自分でもおかしいのではないかと思ってしまうIZAM萌えである。カッコイイ、カワイイとは少しずれていて、かれはどのようにこの栄光の時期を過ごしたのかが気になる。どこか、彼の内面が気になるのだ。どんなんだったんだろう、と。成功の喜びだけなら、それはそれでいい。でもやっぱり基本、カワイイと思っているのであろう。萌え萌え、笑。16~17秒当たりの手を振り上げた踊りと1分22秒当たりでクルつつうクルと回るのいいなあ。インディーズの時代からやってる曲はノリがいいですな。




 そんなこんな。





f0100480_1154250.jpg

只今のながらMUSIC

PROMISE EVE / SHAZNA 大人買い状態です。
[PR]
# by alglider | 2016-11-13 01:20 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧