何とか

f0100480_1716198.jpg


18:53

 ここ2、3日


 不安症がでている。が、気を取り直して、映画のチケットが一枚余っていたので、梅田まで映画を見にでかけた。これといって見たいものはなかったんだけれど、チケットが2月いっぱいの共通券。旦那であるブラピの「ベンジャミン・バトン」か、嫁さんのアンジェリーナ・ジョリーの「チェンジリング」かで迷って、時間の都合がよかった方の「チェンジリング」を見てきた。


 警察によるさらわれた子供のすり替え、精神病院へも強制送致、子供の連続誘拐殺人、人権派弁護士の活躍などなど伏流水が多すぎるきらいはあったけれど、実際にあった話らしいから外せない要素だったのだろう。映画だから当然物語になっているので、その物語に乗って主人公(アンジェリーナ・ジョリー)は救われている。で、最後まで見ることができたけど、えー、これ実話、当人ならとんでもないことで、すんなりと物語の中で解決したはずがなく、その気持ちを想像して、途中、憂鬱になってしまった時間帯も。


 帰り、今度来日する若き27歳のジャズピアニスト、ヤロン・ヘルマンのCDを買って帰る。キース・ジャレットみたいだ。お咲きさんが「ここまで意識して似せんでも」と一言。そう言えば「うーうー」唸っている。でも楽しみなプレイヤーだと思う。


 短歌推敲中。








只今のながらCD

Piano Solo VARIATIONS / YARON HERMAN
[PR]
by alglider | 2009-02-22 17:16 | 日々是口実 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧