ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

弥生朔日 + 短歌

f0100480_1754962.jpg


23:28

 お努めの


 朝の駅前清掃を終えてから、近くの府立公園を散歩する。枝垂れ紅梅がこぼれ始めてをり、その帰り道、ひと群れの立ち枯れ紫陽花があるのだが、それには緑の新芽が出始めていた。


 確実に季節が移ろい、弥生朔日。


 如月二月に作った短歌を sutanka (←クリック)にまとめました。十六首。



 それと、私の所属している短歌結社「月光の会」のホームページが復活しています。
月光の会 (←クリック)。季刊「月光」は二月と言っていたけど(最初、去年の八月予定だった)、四月になったみたい。「中原中也特集」です。それと「月光の会」主催の福島泰樹さん「第25歌集『無聊庵日誌』刊行記念 絶叫短歌コンサート」の案内なども。リンク欄にも追加しましたので、ときどき覗いてください。



 多くの人から言葉をいただく。



手 の 椀 に 言 葉 を う け る あ り が た く 口 に は こ べ ば 芽 吹 く 紫 陽 花




てのわんにことばをうけるありがたくくちにはこべばめぶくあじさい









只今のながらCD

THE MELODY AT NIGHT, WITH YOU / KEITH JARRETT

このキース・ジャレットは心安らぎます
[PR]
Commented by おぽんち at 2009-03-03 00:23 x
だまし舟折つてあそべばつかの間の闇に聞こえる春をよぶ雨

これ好きです。

返歌

春を呼ぶ雨に濡れてる黒犬のしっぽの影がL字にのびる
Commented by パンタタ at 2009-03-03 21:17 x
おぽんちさんへ
お咲きさんに折り紙の「だまし舟」は知らないと言われてしまい、
家の中ではもう一つヒットせず、空振りでした。

返歌ありがとうございます。
>春を呼ぶ雨に濡れてる黒犬のしっぽの影がL字にのびる
なんとなく寂しい情景ですね。
by alglider | 2009-03-01 17:05 | 短歌 | Comments(2)