推敲しなくては

f0100480_20315188.jpg


22:24

 昨日アップした

 短歌、


幾 重 に も 仕 舞 し 時 を 紙 魚 が 食 ふ ぼ ろ ん と 毀 る 虫 干 し の 春


 に線を入れ消した。といっても線が入ったまま残しているけれど。推敲しようと思う。よくよく考えれば「虫干し」は、土用の虫干しというぐらいだから夏の季語である。季語は関係ないと言えば関係ないけれど、どうもすっきりしない箇所でもあった。


 春になると紙魚が動き出す。冬は冬眠しているようで見かけない。先日、一匹ティッシュで潰してしまった。我が家で「紙魚」は春が来た知らせで、春の季語ではあるのだが。推敲をうーんと考えてみたら、いい歌になる気がするのだけれども。


 最近、思い=短歌の向かう方向が、目の前の一歩が見えない。二言三言書いては戸惑い、つながらない。ばらばらにあって、繋げてみるが、すぐに散逸する。


 今から、食器の洗い物をする。食器を洗うのが好きだ、気持ちが落ち着く。そして、今日中に寝ること。











只今のながらCD

THE MELODY AT NIGHT, WITH TOU / KEITH JARRETT
[PR]
Commented by at 2009-03-11 23:00 x
うん、今日中に眠るってことは大切。
でも、結構たいへん^^
Commented by くも  ひさしぶりぃ at 2009-03-12 14:25 x
幾重にも仕舞し時を紙魚が食ふぼろんと毀る虫干しの春

「時を紙魚が食ふ」というところが急所ですね。「時」とあるのに「春」って
あるから、だぶるんじゃないですか?

そもそもここは下の句に置きたいところですし。


Commented by すずぼん at 2009-03-12 20:04 x
おお、うるはしき怪物。
BOWIEさまのトップ画像は、某一読者へのサービスかと・・・

勝手に勘違いさせといてやってくださいまし。。
Commented by パンタタ at 2009-03-12 21:25 x
文さんへ
昨日は11時半には寝ました。
が、朝早く起きれたわけではありません - -;
Commented by パンタタ at 2009-03-12 21:30 x
くもさんへ
ひさしぶりです。
「時」は観念の上での「時」であっても、実際の季節の「春」と重なると
やはり、うまく伝わりませんね。

>「時を紙魚が食ふ」というところが急所ですね。
はい。急所なんですが、下の句ですかね。
起承転結なら「結」かなあ.......「承」あたりで気持は動いているんですが。
ま、推敲まっしぐらの歌ですね。時間をかけますわ。
Commented by パンタタ at 2009-03-12 21:33 x
すずぼんさんへ
はい、某一読者へのサービスです。

天才バカボンのパパの声が入っているCDからアップです。
by alglider | 2009-03-11 20:31 | 日々是口実 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧