ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

月光が届いた

f0100480_21482720.jpg


23:37

 ちょっと


 遅れていた結社誌「月光」の9号が届いた。前月の短歌評や松野志保さんの連載も始まり、それで編集に時間がかかったのか。


 それにしても「月光の会」の人たちの歌は熱いというか濃いというか深いというか重いというか……私の歌なんかライトヴァースに思えてしまう。


「月光の会」の結成宣言1988年の部分の転載。

短歌を短歌結社の中に埋没させてしまってはならない。
要は本来的結社を目差すのだ。
ひとりひとりがおのれのリズム、
おのれの文体を獲得していってもらいたいと思う。
安易に群れるのではない。
おのれの根に深く降りたち、おのれの歌声を上げるのだ。
そして戦うために群れるのだ。
ますます過激になってゆかざるをえまい。
浪漫とは、情であり、志であり、歌である。
同志よ、来たれ! 願わくば、境界さだかならぬ乳白の闇覆う時代を貫く、
熱き一条の月光たらんことを。


 やはり福島泰樹さんは熱いなあ。








只今のながらCD

PORCUPINE / ECHO & THE BUNNY MEN
[PR]
Commented by at 2009-04-04 00:00 x
熱いですね!
そうですよ、短歌で抒情しなくて、どうするんですか!
なんてね、最近ちょっと、むむむ、だったんだけれど、わたしはわたしでいいんだ!

パンタタさんの歌でさへライトヴァースと思へるやうな月光の会の歌、読んでみたいものです。
Commented by パンタタ at 2009-04-04 00:41 x
文さんへ
熱いんです。
最近、私は冷めて深いところへ行きたいのですが、
月光を読んでいると、ついついこれでいいのか?
と迷いがでます。はあ。
そうですよ、抒情しなくてどうするんですかっ!
「月光」一部そちらに送れるように手配してみます。
Commented by at 2009-04-04 08:40 x
あ、今度の日曜に持ってきていただければ。

覚めて、深い歌も、抒情とともに詠んでみたい。
扁平な歌も詠んでみたい。
レトリカルな歌も、言葉遊びも、
シンプルな心の叫びも、

なんと、欲の深いことか・・・
Commented by パンタタ at 2009-04-04 10:52 x
文さんへ
はい、了解しました、って覚えているかな.......
最近、本当に物忘れがひどいんですよ。
いろんな歌はアンサンブル、歌のシンフォニーのために必要かと。
第一、歌は定型でも、思いは定型じゃないしね。
Commented by moonlight_swallow at 2009-04-05 10:56
遅ればせながらですが、
最近現代短歌文庫で福島泰樹さんの歌を読んでいます。

ほんとうに熱い!ですね。

>安易に群れるのではない。
>おのれの根に深く降りたち、おのれの歌声を上げるのだ。
>そして戦うために群れるのだ。
>時代を貫く、熱き一条の月光たらんことを。

今すぐ立ち上がって何かをせずにはいられない気持ちにさせられました。

やるぜ!俺はやるぜ!!
Commented by パンタタ at 2009-04-05 14:41 x
燕さんへ

>やるぜ!俺はやるぜ!!

あなたも熱い!
ナイーヴな歌風に熱い魂ですね.....
Commented by すずぼん at 2009-04-06 19:27 x
熱い!
ほんとに熱い!ですね。

「ですね」なんて付けてる私に違和感が。。場違いか。。。

ああいつまでものほほんとしている私よ何処へゆく。。。。
Commented by パンタタ at 2009-04-06 21:28 x
すずぼんさんへ
熱いんですよ、ああ熱っ!
のほほんでいきましょうよ、しっかりとマイペース。
by alglider | 2009-04-03 21:48 | 短歌 | Comments(8)