ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

まとめました

f0100480_0441393.jpg


00:51

 編集を忘れていた


 四月に作った短歌、卯月歌十五首を sutanka (←クリック) にまとめました。


 ピアソラの哀愁に沈んでいる只今であります。







只今のながらCD

ADIOS NONINO / ASTOR PIAZZOLLA
[PR]
Commented by テキーラ at 2009-05-10 18:08 x
見てきたよ。


汝の肩はたをやかなりて靉靆と異形の花のわき上がりけり

結句、「わき上がりにけり」とか「わき上がりたりけり」じゃ無くていいんですか?




以下、お気に入り。

花はちりいつものやうな朝になり白地図すでに春の色もつ

遠 雷 ここまでおいでと目隠しの鬼の背中に咲くはなみずき

外灯のいつぽん点り公園は要と不要に分かたれてをり

風雨すぎ空どんよりと麺棒で延ばされてをり冷静でゐる

Commented by パンタタ at 2009-05-10 18:43 x
テキーラさんへ
「わき上がりにけり」とか「わき上がりたりけり」
「けり」で意識しなかった事実に気づき感動する、の意味があるので
完了の「たり」は要らないと思いますが、絶対とは文語に対しては言えない弱さが。
「わき上がりにけり」の「に」は「強め」の「に」かなあ、
なくても間違っていないと思うのですが、
くも先生の登場をまつしかないけど、
この書き込み読まないだろうな。
メッセを送ろうかな。
一つ一つはっきりさせていかないと身につかないものねえ。
Commented by パンタタ at 2009-05-10 19:48 x
テキーラさんへ
くも先生に質問メッセを送ったら、お店が暇ということで早速回答をいただきまして、これで間違いではないそうです。
音律的に「に」のプラスはありとか。

汝の肩はたをやかなりて靉靆と異形の花のわき上がりけり
Commented at 2009-05-11 18:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by alglider at 2009-05-11 21:02
非コメさんへ
踏み切りの歌、放出近くの踏切だよ。
元気そうでなにより。
私も断酒会を退会して、今、フリーに。

パンタタ
Commented by テキーラ at 2009-05-12 01:57 x
え!間違っていないんだ。
じゃ俺もやろう。
「燃やしけり」とか、いいんだ。

「捨て」のような下二段の場合は「に」がいるのかなあ。
「捨てりけり」とはいえないからなあ。
「捨てけり」も「捨つけり」も変だし。

やはり「捨てにけり」だろうなあ。
Commented by パンタタ at 2009-05-12 22:15 x
テキーラさんへ
「捨てにけり」の「に」で音律調節ですね。
by alglider | 2009-05-10 00:44 | 短歌 | Comments(7)