ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

梔子 + 短歌

f0100480_2145027.jpg


22:54


朽 ち る た め こ の 身 あ ら ね ど 梔 子 は 無 惨 な ま で の 白 を 咲 き を り




くちるためこのみあらねどくちなしはむざんなまでのしろをさきおり









 頸椎ヘルニア


 の痛みが治まらない。首を動かすと予想のできない痛みが走る。どの角度にどれぐらい動かせば安全というパターンがなく、その痛みはアトランダムにやってくる。いくらパソコンに向かっていることが多い仕事とはいえ、首ぐらい動かすしなあ…困ったものでありんす。


 二輪咲いていた梔子がもう数輪増えている。梅雨に打たれて、はやくも腐ったかのように朽ち果てているものもあって「なぜに毎年咲くのか梔子よ」と問いかけたくもなるのだった。


 乳鉢のような厚みのある白が朽ち落ちていく。毎年、この季節になると忌み嫌うように梔子の歌を作るが、嫌いならその道を避ければいいのだが、どうしても避けることができずにいる。あの匂いも嫌いだ、強すぎる。自己主張し、さらに追いかけてくる。しかし、その道を避けることができない。どちらかというと花がどこまで朽ちたかを確認しながら歩くし、立ち止まりもする。難儀な花、梔子。







只今のながらCD

BLUE TRAIN / JOHN COLTRANE
[PR]
Commented by at 2009-06-23 08:08 x
首の痛み、難儀ですねぇ。。。
マーっサージしていい痛みなのか、いけない痛みなのか、わからないのでしょうか?マッサージしていいのなら、腕を回すような体操が多少は聞くんだけれど・・・。

子供の頃の古い家にくちなしがあって、白い花はおままごとには貴重品でした。実になってからは、黄色い汁でいろんなものを染めて遊んだな。
おばあちゃんは、お芋さんを蒸かすときとか、料理に使っていました。

匂いが強烈なのはいささかですが、遠くから匂ってくる、その方向にぼんやりと白い花を見つける夕方などは、好き。
Commented by パンタタ at 2009-06-23 20:38 x
文さんへ
首の痛み、今日は少しましでしたが、爆弾にならなきゃいいんですがね。

梔子は結局、好きなんでしょうね。そう思います。



去年の今ごろ作った短歌

か み さ ま が 洟 水 か ん で ポ イ と 捨 つ 愛 で て 疎 ん で く ち な し の 候
by alglider | 2009-06-22 21:04 | 短歌 | Comments(2)