「ほっ」と。キャンペーン

合わせ鏡短歌二首

f0100480_21524010.jpg


23:38


梅 雨 と い ふ 分 か つ も の な き む か う か ら こ の 空 に ま た 昇 り く る も の



つゆというわかつものなきむこうからこのそらにまたのぼりくるもの






梅 雨 と い ふ 分 か つ も の な き こ の 空 の か ぎ り を こ へ て 沈 み ゆ く も の



つゆというわかつものなきこのそらのかぎりをこえてしずみゆくもの






 やっと


 休みだわ。昨日も書いたように、休みが待ち遠しいときは体調が悪く気鬱なときである。洗濯ものがたまっている、まずこれがかなり大きなウエイトを占める第一番の憂鬱である。それから明日の昼から水周りの排水管清掃にマンションの指定業者が入る、これがまた憂鬱である。梅雨でカビの生えそうなじめじめした水周りを少しはきれいにしておかねばね。重曹で磨こうか。


 仕事の原稿を書くために見に行った試写があまり面白くなかったので、仕事ということをすっかり忘れてしまっていた。早く原稿にアップしなければ、印象がなお薄れてしまうではないか。困った。面白くない映画は書く気が起らないどころか、見たことさえ頭の中から消去されていた。あかん、あかん、仕事、仕事。明日、明後日とラフ原稿をあげてしまわなければ。そんなこんなの金曜日。おやすみなさい。










只今のながらCD

THE MILK EYED MENDER / JOANNA NEWSOM
[PR]
by alglider | 2009-07-10 21:52 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧