ほほづき + 短歌

f0100480_19523422.jpg


21:50

ほ ほ づ き の ハ ー ト の ご と く 実 り を り 脈 う つ も の み な 朱 を ま と ひ ぬ



ほおずきのはーとのごとくみのりおりみゃくうつものみなあかをまといぬ







 外出して


 帰宅したら「郵便物等お預かりのお知らせ」が入っていたので、今夜の再配達を依頼したら、なんと思いがけないものが届いた。写真のほおずき。ネットで知り合ったある歌友さんからである。私は半世紀以上生きているわけだが、トマトや玉葱、茄子、胡瓜などの野菜を頂いたことはあるが、このような愛でる植物のプレゼントは生れて初めてである。で、どう喜んでいいのか分からないぐらい心うごかしているのであるが、朝顔の世話プラスほおずき、と相成ったわけで、忙しい。枯らすわけにはいかない。


 ほおずきと聞けばはっぴいえんどの「相合傘」という曲を思い出す。「♪ほおずき クッチュクッチュ 相合傘 道行」


 さとやんさんとたまちゃんから勧められたマンガ「ちはやふる」を五巻まで買ってきた。今、二巻まで読了。わが娘さんもこのようだったのかもしれぬ、と思いながら読む。競技歌留多は典雅な格闘技である。娘さんなど、腹筋が割れているもの。


 お咲きさんはレイトショーの映画「愛を読むひと」を見に出かけ、まだ帰宅していない。午後11時半にはなると思う。そんなこんな、もう寝ようかな。








只今のながらCD

PHOTOS OF GHOSTS / PREMIATA FORNERIA MARCONI
[PR]
Commented by すずぼん at 2009-07-13 20:00 x
わ、もうこんな赤いのもついてるのですね。
本当は、ほおずき市に出ている装いとおんなじ竹篭入り・風鈴つきがよかったのですが・・・
9・10日浅草行けなくて、ちょっと残念だったのでした。
写真見られてうれしいです。

そういえば、植物のいただきものは「枯らせぬ」という気持ちがプレッシャーでした(^^;
まぁその点は気になさらず、、この株の生命力次第ということで。。

私は数年前、ほおずき市で購入した鉢の、秋には枯死させました。。。
Commented by パンタタ at 2009-07-13 21:11 x
すずぼんさんへ
そうそう。緑のもいくつか生っていますから、今からが楽しみです。
朝、仕事に出るまで、水遣りにドタバタしておりまする。

すぼんさんとこのベランダきれいね、ブログで見ましたが。
私ところはガジュマルの樹の下で~ってな感じです。
Commented by くも at 2009-07-14 00:21 x
「脈うつものみな朱をまとひぬ」
ありがちな文構造ですが、内容はピカイチですね。
「ハートのごとく」の比喩(これは比喩ではなく例示でしょうか・・)
がどうなんでしょう、というところが気になります、が・・・。

ただ、わたしはこの歌、いいとおもいます。


Commented by パンタタ at 2009-07-14 08:04 x
くもさんへ
おはようございます。
「ハートのごとく」は、悩んでるところ、っていうか、
最近、平凡な言葉しか浮かんでこないんです。
「比喩」というほど「お!」「う~ん!」という部分がないですからね。
by alglider | 2009-07-12 19:52 | 短歌 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧