ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

魚の川

f0100480_2325973.jpg


23:17


あ ま の か わ 皿 に 横 た ふ 魚 の 眼 に 流 れ ゆ き た る 夕 餉 の あ り ぬ



あまのかわさらによこたううおのめにながれゆきたるゆうげのありぬ

[PR]
Commented by くも at 2009-07-19 00:39 x
「あまのかわ皿に横たふ」

じつは芭蕉も、自覚的ではあるんですが、
文法的には誤りなんですね。

「横たふる」が正しい語法です。

また、「に」という格助詞がつながりますが、
この歌では気にならない、かな・・
Commented by パンタタ at 2009-07-19 20:10 x
くもさんへ
芭蕉の「荒海や佐渡に横たふ天の川」
の文法的誤りは、いつぞや何処かに書かれていましたので存じていました。
じつに曖昧な答えになりますが、じゃ、いいんじゃないの、と思っていしまうわけです。
実にいいかげん。
それに「横たふる」って音が躓くでしょ。このアバウトさは駄目?

文法的なことは勉強ですので自分で調べますが、
芭蕉の「自覚的ではある」という部分を教えていただけたらと思います。


格助詞「に」のつながりは畳みかけたかったのです。
私の中では、ある人に捧げた歌なのでこれしかないかな。
Commented by さとやん at 2009-07-20 23:22 x
この写真、

人人人、って感じがしました。

なんとなく。
Commented by パンタタ at 2009-07-21 00:05 x
さとやんさんへ

人人人、ああ、支えあってるのね、笑
by alglider | 2009-07-18 23:02 | 短歌 | Comments(4)