ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

驟雨短歌

f0100480_2153145.jpg


23:36


き み の 眼 に 驟 雨 の 過 ぎ ぬ つ か の ま の わ が た め ら ひ を ひ と 雫 と し



きみのめにしゅううのすぎぬつかのまのわがためらいをひとしずくとし





 ちょっと


 ワードの調子がわるくって更新が捗らない。ウインドウを複数開きながらやっているからかな。吸い込まれるような蒼天に向かって、モンゴルの草原に寝転がっているわけでもないのに、この狭いリビングで時間だけが過ぎてゆく感覚ってなんだか嫌だなあ……


 月曜だというのに、気持ちはまあまあの安定状態で過ごせた。というのも、昨日、何とかかんとか懸案に形を与えていたからで、やはり、少々の不安材料には立ち向かうに限るというわけである。職場で構成も進んだので、明日には何とかデスクに渡せそうである。素晴らしい。


 素晴らしいけれど、ワードが芳しくないので、今夜はこれでおしまい。そんなこんな。


 




只今のながらCD

一触即発 / 四人囃子
[PR]
Commented by tanka_meitey at 2009-07-29 18:26
「Blank Generation」って、当時は確かウチら世代に使われてた
ハズなのに、どういう経過で「就職氷河期」世代に取られたんやろ?
Richard Hell … あれ?元のバンドが思い出せない…(-"-;)
最近、こんなん多いんです。AMNESIAC[健忘症]ですな★
(四人囃子は棚の肥やし。Moon Riders はいっぺん行って感動♪)

短歌。特に下句の感情処理が素晴らしいです。
欲を言えば「驟雨」自体が「過ぎる雨」なので、、、m(_"_)m
Commented by パンタタ at 2009-07-29 21:46 x
冥亭さんへ
Richard Hell は元TELEVISIONだったと思いますよ。
MoonRidersは今のところ嗜好の中に入ってないです。

短歌について
きみの眼に驟雨の過ぎぬつかのまのわがためらひをひと雫とし

「驟雨」は過ぎる雨、という認識はありました。

きみの眼に驟雨ありたりつかのまのわがためらひをひと雫とし

というのもメモに残ってますが、単に情景にしたくなかった。

「過ぎぬ」という自分が確認した意味合いを入れたかったんです。
「ありたり」辺りの言葉の方が無難で、上手いと言われると思いますし、
知ってますが、安易にその道を選んでもあかんと思ってるんです。
私は業が深くて、そういう無難を選べずにいるんですね。
これからずっと作り続けて解決することだと思ってます。
問題の回避の仕方はやっぱり自分で見つけないとと思います。
これまた業が深い。

Commented by tanka_meitey at 2009-07-29 23:24
たんびたんび、すんません★TELEVISION に居たのは
Richard Lloyd だったけど・・・ひょっとしてTVの前身だったっけ?
嗚呼、N.Y.パンクスも遠くなりにけり★それはさておき、

短歌。なにゆえ「ありたり」で上手いと言われるのでしょう?
それなら「過ぎぬ」のままが良いと思いますが…。
驟雨の動きを残すなら「うつろふ」という表現も有りですね。(^^ゞ

私も業が深いので、きょうもたくさん失礼致しました★m(_"_)m
Good Sleep, Tonight. 冥亭拝
Commented by パンタタ at 2009-07-29 23:37 x
冥亭さん
トム・バーレンとネオンボーイズを結成していて、そこにリチャード・ロイドなんかが加わってテレビジョンに発展し、トムと反りが合わんようになって脱退。解散したドールスのジョニー・サンダースなんかとハート・ブレイカーズを。それもジョニーと喧嘩して、ほんでボイドイズだとか。

なにゆえ「ありたり」で上手いと言われるのでしょう?

無難だからでしょう。そう思ってます。
私はこの歌に「うつろふ」はよう使わんというか、まず思いつきません。
というか、そういう「思い」ではなかったわけです。
Commented by tanka_meitey at 2009-07-30 18:39
TELEVISIONの由来、有難うございました★
長梅雨、明けそうでまだみたいで。

 梅雨寒や軒端に月も垂れ掛かり 冥亭

Commented by パンタタ at 2009-07-30 21:26 x
冥亭さんへ

いやいや、ただ資料をくっただけですから。私自身、忘れていたことでした。
ネオン・ボーイズとかハート・ブレイカーズのCD欲しくなってきました。

俳句もやらはるんですね。
Commented by tanka_meitey at 2009-07-31 18:27
いえいえ、きょうび「資料を繰」って頂けるだけでも、嬉しいです♪
(googleに「ウキペディア」と入れて「ひょっとして、ウィキペディア?」と
返された時にぶちっ!と切れた…(-"-;) )

俳句はやらはる以前に、母親のDNAらしいです。
短歌は母父(競走馬の家系みたいやけど)がどうやら嗜んでたらしい。
ちなみに、父親のDNAなら絵画 or ノンフィクションだったかも★
Commented by パンタタ at 2009-07-31 21:05 x
冥亭さんへ

どういたしまして。おやすいご用です。
そういう環境だったんですか。
by alglider | 2009-07-27 21:53 | 短歌 | Comments(8)