ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

切実に願う

f0100480_23332194.jpg


22:32

 デビュー


 当時から好きで、読んできた北村薫さんが「鷺と雪」で直木賞を獲った。これは北村薫さん独特の世界、純文学ミステリーとでもいうか、謎を解く物語であると思う。思う、と断定しないのは読んでいないからである。であるが、思うと書いたのは、これは三部作の三作目。一作目の「街の灯」はベッキーお嬢様と女性運転手が謎を解き明かす話だったからだ。


 これは文庫で読んだ。で、二作目の「玻璃の天」も文庫になっていたら読もうと本屋に行ったらなってなかった。もうすぐなるだろうから、違う文庫「ひとがた流し」を読んでいる。表紙は、おーなり由子さんのイラスト。高校の後輩である、といっても実際に面識はない。高校のときによく通ってた喫茶店に卒業してからもよく顔を出してたのだが、そこのママさんが「このイラストうまいでしょう、まだ、ここの現役高校生なのよ」って。確かに、これはプロになるしかないな、というぐらい新鮮なタッチだった。ま、それは余談。


 話は小説「ひとがた流し」で、その中に

 「人が生きていく時、力になるのは何かっていうと、―≪自分が生きてることを、切実に願う誰かが、いるかどうか≫だと思うんだ。―」

 という一文があった。前後の設定を省いて抜き出しているから、ちょっとうまく伝わるかどうかは分からない。


 なぜ、この部分を書きだしたかと言えば、お酒を飲んで頗る頭がよい方へ回って口も滑らかなときは、私もこのような洒落た言葉は言ったことがあったように思う。思うだけでなく、確かにあった。


 でも、お酒をやめてからなのである、この言葉の重要性に気付きだしたのは。そんなことである。ま、情けない話だが、そんなこんな。








只今のながらCD

BLANK GENERATION / RICHARD HELL & THE VOIDOIDS
[PR]
Commented by やねうらねこ at 2009-07-29 06:48 x
「人が生きていく時、力になるのは何かっていうと、―≪自分が生きてることを、切実に願う誰かが、いるかどうか≫だと思うんだ。―」

真理のひとつですね! (^^)
真理はひとつではないかもしれないけれど…。
Commented by ぷよよん at 2009-07-29 07:03 x
おーなり由子さんのイラストも詩も好きです(*^_^*)

「幸福な質問」
「空のうた」

可愛くて優しい透明感があると思います(*^_^*)
Commented by at 2009-07-29 14:17 x
その≪自分が生きてることを、切実に願う誰か≫が欲しくって、七転八倒している、みたいな。
だから、ダメなのかもしれない、わたしって。
わたしが自身が、誰かが≪生きていることを、切実に願≫わなければいけないのですよ、きっと。
で、≪いけない≫と思っている間は、やっぱりダメなんだな、たぶん。
自分が何を言いたいのか、うまく書けませぬ^^;
Commented by tanka_meitey at 2009-07-29 16:06
お邪魔します★「ひとがた流し」、確か新聞の連載小説でしたよね?
こういう設定苦手なんだけど…と思いつつ、何故だか最後まで
読んでしまった、かなり稀な作品でした。そーかー、直木賞かぁ〜☆

「切実に願う誰か」…受動も能動も、居ないなぁ〜〜〜(-"-;)
ヒトより犬猫、だとか、植物に心血注ぐ人はまだマシだと思う。
冥亭は無機物と仲良しです…嗚呼★(T▽T)

追伸:きょうは、早々に「すいっちょん♪」が鳴いておりました。(^^ゞ
Commented by パンタタ at 2009-07-29 21:23 x
やねうらねこさんへ
真理って言えば何だか難しくなちゃいますね ^^;
必要なことぐらいかなあ......
切実に必要なことがら。
Commented by パンタタ at 2009-07-29 21:24 x
ぷよよさんへ
おーなり由子さんの本は持ってないんです。
でも、書店で見かけると、何だかうれしいです。
いい自由な校風の高校だったんですよ。
Commented by パンタタ at 2009-07-29 21:27 x
文さんへ
>わたしが自身が、誰かが≪生きていることを、切実に願≫わなければいけないのですよ、

そうだと思います。私自身が誰かを、の方向だと思います。
でも、双方向のものだから「いけない」という強迫観念は、
心身を硬直させてしまいますよね。
バランスって難しい。
アル中はとくにそういうことが下手です。
Commented by パンタタ at 2009-07-29 21:33 x
冥亭さんへ
朝日新聞夕刊の連載小説でしたね。
直木賞の受賞作は「ひとがた流し」ではありませんよ。
「鷺と雪」です。
はい、受動と能動の両方が考えられます。
無機物好きですよ。よく写真に撮ります。
偏愛ならちょっと病的かもしれませんが。
キリギリス.....?
by alglider | 2009-07-28 23:33 | 日々是口実 | Comments(8)