愁訴病 + 短歌

f0100480_20413840.jpg


23:42


ゆ ふ さ れ ば 時 に 食 は れ し 引 き 算 の ま す 目 に 文 字 を 埋 め て ゆ き な む



ゆうさればときにくわれしひきざんのますめにもじをうめてゆきなん





 昼から


 愁訴病で、サトウハチロウじゃないけれど「悲しくて悲しくてやりきれな」かった。北村薫さんの小説「ひとがた流し」の終わりの方で、主人公というか三人の登場人物のうちの一人が乳がんで死んでいくのだが、読み終えて本当に知人が一人逝ってしまった気持になったのが原因のような気がする。だが、なぜそれが原因というか引鉄になったのかが分からない。メタの深部が分からないのに、ときどき、強迫的に「かなしい、せつない」の愁訴が湧きおこる。


 そういうときは考える必要のない、さまざまに残っている事務的な懸案に専心することだ。段取りを進め、さっさと片付けていくのが精神衛生上この上なくよろしく、現実の事も運び、結果も伴い、さらに満足感も得られる。これは軽い精神疾患を持つ者の経験知である。


 でも、今でもじゃっかんの愁訴状態、そんなこんな、悲しい夜である。






只今のながらCD

SATURATION POINT / DARRYL WAY’S WOLF
[PR]
Commented by ミニ at 2009-08-03 02:15 x
お歌、もの悲しさが基調になっているように感じました。心が哀しみに浸っている中作られたためでしょうか。私も、精神疾患を患っていますので心が哀しみにとり付かれる状態というのは、よく分かります。自然を見ても、野良猫を見ても哀しくなるのです。
Commented by パンタタ at 2009-08-03 22:09 x
ミニさんへ
そうですね、コンディションによりましょう。でも、だいたいが、
暗~い感じの歌が多いです-"-;/
自然を見ても、野良猫を見ても、というのは、
分かるというかそういうときはありますね。
Commented by ぷよよん at 2009-08-03 22:10 x
何かを埋もれさせる為の事務的継続的な活動は有意義であると思います。

わたくしの1日100詠がそうでした(*^_^*)
Commented by パンタタ at 2009-08-03 22:23 x
ぷよよんさんへ
なるほど、そういう意味合いもあったのですね。
しかも実り多い事務的継続的な活動でしたね。
推敲.......^^/
Commented by moonlight_swallow at 2009-08-03 23:18
今日のぼくはちょうどそんな感じでした。
直接的な何かがあったわけじゃないのに
仕事中にたまらなくたまらない気持ちになって
どうしたらいいのか人知れず狼狽しました。
必死に仕事に集中してなんかものすごくはかどりました。
やることいっぱいあってよかった。

                              月下燕
Commented by moonlight_swallow at 2009-08-03 23:20
この歌いいですね。

そうかぁ。
こういうところに機微があるんだなぁ。
なんかすごい目からうろこです。
Commented by ふみまろ at 2009-08-04 00:07 x
なるほど・・・
本棚と机の引き出しの整理でもやってみます。
Commented by パンタタ at 2009-08-04 00:17 x
燕さんへ
気鬱というんでもなくて、なんだか悲しくなるんですよね。
あるんですねぇ、みなさん。
気がかりなことが明確ではない。
存在そのもが抱え込んでいる悲しみ。
遠いところからやってきているようで、中からでしょうねぇ....
で、解決策はとりあえず目の前の考えないで済む用事を片付けること。
そんなあんばいでしょうか。
やることいっぱいあって、助かりましたね。
そう前向きに考えられるあんさんは偉い。
歌は、今の気持ちって「虫食い算」みたいだなあって。
そんな感じ。数字を埋めるんじゃないの。
Commented by パンタタ at 2009-08-04 00:19 x
ふみまろさんへ
こちらへ書き込んでくださるのは初めてではないですかね。
いらっしゃいませ。
そうそう、とにかく考えないで出来て成果に満足できる事柄。
本棚の整理はいいですね、あれ、あとからしばし眺められるし。
満足度高いです^^/
by alglider | 2009-08-02 20:41 | 短歌 | Comments(9)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧