ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

いきなり夏 + 短歌

f0100480_2185356.jpg


23:23


な し を へ し け ふ と い ふ 日 の 裂 け 目 か ら こ ぼ れ 満 ち ゆ く ひ ぐ ら し の こ ゑ



なしおえしきょうというひのさけめからこぼれみちゆくひぐらしのこえ






 梅雨明け


 二日目で嫌になるぐらい、すっかり夏になってしまった。朝はクマゼミの声で目が覚める。本朝朝顔はますます樹海のごと生い茂り、西洋朝顔は劣勢のままつぼみをつけず。同じプランターに植えたのが間違いだったのか。栄枯盛衰のあと、晩夏に優雅に咲いていただこうと目論んでいるのだが、果たしてそううまくいくだろうか。



 そんなこんな、おやすみなさい。






只今のながらCD

TAI PHONG / TAI PHONG
[PR]
Commented by tanka_meitey at 2009-08-04 22:14
Sparksの最高傑作と云われる…タイトル、忘れたなぁ〜(-"-;)
当時LPだったので、欲しくても入手不可状態でしたね〜★
後付けで中古LPが4枚ほど。しかも1stはカットアウト盤!(^^;)
(この言葉を思い出す為に、どれほどのニューロンが働いたか!)
『キモノ・マイハウス』の通称「Big Town」(タイトル長過ぎ)は
Siouxsie & The Banshees のカヴァーアルバムにあります♪
(TELEVISION 幻のシングル「Little Johnny Jewel」等も)
ついで情報ですが、お役に立てればさいわいです★
Commented by パンタタ at 2009-08-04 22:35 x
冥亭さんへ
今日の写真のことですか?
これは「PROPAGANDA」です。
私は「KIMONO」の方が好きですが、「PRO-」も確かに外せない1枚です。
1stは言うたらなんやけど、まだSPARKSらしさが完成されてませんよね。
もう結成21周年でロンドンで21通りのコンサートやったらしいです。
「THIS TOWN AIN'T BIG ENOUGH FOR BOTH US」
確かに長い。でも、これをあの早口の呪文のように歌うとこがいいのね。
Siouxsie & The Banshees は「HONG KONG GARDEN」かな。
あれで自滅という感じでした。
カヴァー探してみます。
まだ購入予定は立ちませんが。
Commented by tanka_meitey at 2009-08-04 22:45
>もう結成21周年でロンドンで21通りのコンサートやったらしいです。

え”?…1stが1975年だったから、少なくとも30年選手のハズ…(・◇・)
別の「Sparks」ではないでしょうか?(Mr.BIGみたいな同姓同名)

>「THIS TOWN AIN'T BIG ENOUGH FOR BOTH US」
>確かに長い。でも、これをあの早口の呪文のように歌うとこがいいのね。

そーそー♪(^^ゞ しかもロンちゃんは歯抜けだし、余計面白いですね★
スジバンのカヴァー集は「Through The Looking Glass」(1987)
ドアーズ、イギー、奇妙な果実、クラフトワーク、ロキシー・ミュージック♪
もお、通好みと言うか、ただスージーのやりたい放題と言うか★

では、今夜はメンテらしいのでこれにて失礼致します!m(_"_)m
Commented by パンタタ at 2009-08-04 22:54 x
冥亭さんへ
失礼しました。CDの21枚目リリース記念ライブでした。
えっ!ブリティッシュのツインドラムバンド、Mr.BIGをご存じなんですか。
それは稀有な。レコード持ってます、あれはとってもいいです。
CDは見たことがありません。
「Through The Looking Glass」、おう、そうそうたる名曲ぞろい。
興味津津。明日、見てきます。
ではおやすみなさい。
Commented by tanka_meitey at 2009-08-05 22:47
あ!こちらもすいません、とんでも間違いが…
「歯抜け」はロン(兄)ではなくラッセル(弟)でしたね、訂正します〜A^^;)

実はこちらへ入り浸る(?)キッカケが、以前の記事に「本家Mr.BIG」を
書いてはったので…★いや、わたくし自身はファンではなかったのですが、
ちょいネタで:通学電車の帰りに、そこに立ってた女学生の鞄に
「Mr.BIG」とビーズで編んだ手作りアクセサリーが下げてあって…♪
「ええ?!あんなかわゆい女子もファンなの?」と軽い驚きと共に
降りて行くその子を見送っていた・・・その光景が忘れられなくて★

嗚呼、青春の'70年代でした♪(^^ゞ やっぱ台風の風は厭だなぁ〜。
Commented by パンタタ at 2009-08-05 23:10 x
冥亭さんへ
歯の抜けている話は知りませんでした。
そんなポップスター、なんてスパークスらしい、笑。
アメリカのMr.BIGは再結成したみたいですね。
元祖の方はやっぱりFREEの名曲Mr.BIGからのネーミングかなあ。
Commented by すずぼん at 2009-08-06 20:06 x
実家では毎夏朝な夕なひぐらしの声に降り込められていたのですが、
ここは8年住んで一度も聞いたことがありません。かなしいかなかな。

ひょえぇ~うちの孫娘はそんなのさばっておるのですか;なんともはや・・
でもきっと、ヘブンリーブルーはこれからなのですね。
うちのもなかなかつぼみがつかなくて、ちょっとあきらめてたけど、
あるとき一斉に出てきたと思ったらずんずん大きくなって、りっぱに開花。

晩夏のヘブンリーブルー、語感だけで優雅です~~
Commented by パンタタ at 2009-08-06 21:02 x
すずぼんさんへ
かなしいかなかな.......リフレイン......かなかなかな.....うまいっ!

孫娘さん元気ですよ!
赤いのがあるんですが、それだけものすごく早朝に開くみたいで、
水をやるときにはしぼんでます。ほかのは咲いてるのに...

そうそう挽歌のヘブンリー・ブルーっていい語感ですね。
「バンカ」という音で、コレットの小説「青い麦」を思い出すのは私だけ?
Commented by at 2009-08-06 22:54 x
コレットの「青い麦」
こころがふるふるふるえまする。

おとこのこも、読んだのですねぇ・・・
Commented by パンタタ at 2009-08-06 22:57 x
文さんへ

え、ち、ちょっとはずい......?
by alglider | 2009-08-04 21:08 | 短歌 | Comments(10)