ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

晴天の霹靂 + 短歌

f0100480_20392366.jpg


23:28


青 空 ゆ メ ー ル が と ど き こ ま つ た の や れ つ ら い だ の 言 は ず 霹 靂



あおぞらゆめーるがとどきこまったのやれつらいだのいわずへきれき





 今朝、


 ヘブンリー・ブルーが一輪開いた。あといくつかつぼみがある。のんびりとしたDNAの種子だったみたい。晩秋まで咲く花だからこれからなんだ。


 昨日、ブログで触れた友人は、今年の初め自転車事故で左肩を複雑骨折している。今はボルトでとめているだけで、本格的な手術は秋の予定だった。厄年ではないが大厄といっても過言ではない。まず腕を自由に動かせるようにしてから、癌に挑むらしい。大学時代、彼は短歌をやっていて、私は詩を書いていた。彼はもう詠まなくなったが、私の歌の読者ではいてくれる。南無。





 よきこととわるきこと、そんなこんな。







只今のながらCD

BEETHOVEN WAS DEAF / MORRISSEY
[PR]
Commented by tanka_meitey at 2009-08-26 23:51
真青な朝顔とモリッシー(通称・森氏)と…★

新聞に「桔梗から木槿、そして牽牛子=これが現在の朝顔」と
ありまして…えらい変遷もあったもんだと、ちょと感心。

冥亭は神無月に「11月のモンスター」を無性に聴きたくなります★
(1989年8月の初来日に行って、「わしらの夏も終わったの〜」と
友人とふたり、突っついたパエリアのムール貝に中った…ううう(T_T))
Commented by パンタタ at 2009-08-27 00:28 x
冥亭さんへ
あのー、ロックスターの和名全部教えてください、笑
「モンスターが生まれる11月」ですね。いいよね。
森氏(なんだかビルオーナーみたいだ)は来日してたんですか。
そのころは私の空白時代だな、きっと。
その新聞、高橋睦朗が書いてたやつですね。
朝に咲けば「朝顔」と。
Commented by くも at 2009-08-27 00:40 x
ものは名づけて初めて存在しますが、存在し始めた途端に崩壊がはじまります。雪は雪になった時点で溶けだす可能性としてあります。「愛」と呼べば壊れてしまうほど語り合ったものがあるのでしょうが、それを放棄することで永遠性を獲得しようとしているようです。


さすがに、ソシュール以降の構造主義にくわしくていらっしゃる。

御意でござる。
Commented by パンタタ at 2009-08-27 00:43 x
くもさんへ

どっから飛んできてるんですか、いったい。
参戦もせずに、と言いたいけれど、お忙しそうでしたね。
脱構造主義の「脱」の狙いに最近気付き始めましたが、
また機会があるときに。
Commented by ナツミ at 2009-08-27 12:12 x
ををー、いい青!天国のあお!おめでとうございます。
ご友人、ぶじ快復されるとよいですね。

短歌研究みていただけたのですね、ありがとうざいます(照)がんばってつづけます。
Commented by tanka_meitey at 2009-08-27 19:28
>あのー、ロックスターの和名全部教えてください、笑

もうネタ切れですよぉ〜A^^;) あとは全国区で有名な
「ボブ田マリ男=ボブ・マーリィ」ぐらいですか★
「森氏」のみ冥亭オリジナル。
「森氏の憂鬱」というタイトルの掌編短歌集、あります。(爆)
The Smiths 以来、一番愛したド変態かも〜(^^;)♪

マリアンヌ・フェイスフルは、かつてボウイが「娼婦にして聖女」と
あがめた☆ちう伝説しか知らないけれど、『Broken English』は
当時ラジオでしょちゅう聴きましたね〜★寺尾聡と共に…時代や♪
Commented by パンタタ at 2009-08-27 20:17 x
ナツミさんへ

友人へのお言葉、ありがとうございます。
ヘブンリー・ブルーって萎むと赤紫っぽくなります。
面白いです。
Commented by パンタタ at 2009-08-27 20:21 x
冥亭さんへ
「ボブ田マリ男」、知りませんでした。
マリアンヌ・フェイスフルはミック・ジャガー「肉じゃが」の恋人で
浮名を流しましたね。
Commented by office-nekonote at 2009-08-27 23:20
パンタタさん、こんばんにゃ。
やっぱり大阪のほうが暑いのでしょう、さすがに良い色ですね。
こちらはお盆の前ぐらいから夜になると虫が鳴いていて、窓を開けていると寒いぐらい。
大阪のヘブンリーブルーも楽しめてうれしいです。
Commented by パンタタ at 2009-08-27 23:57 x
たまちゃんへ
たまちゃんとこより、すこし濃いかな?
200ヘェーは無理だと思いますが、
明日ぐらいもう一輪さきそうかな。
10月ぐらいまで楽しめたらいいんだけど。
季刊「文藝月光」よろしくね....-"-;
Commented by tanka_meitey at 2009-08-28 22:34
にっく・じゃがーは古いっす〜(T▽T)
「ミック師匠」に「キアヌ先生」だす♪(by トミーズ雅)
Commented by パンタタ at 2009-08-28 22:45 x
冥亭さんへ

はは、そら古いわなあ.......許してください。

>「ミック師匠」に「キアヌ先生」
よく分かんないけど、最近はそう呼ばれているんですね。
トリオ・ザ・ミミックとか関係ないよね......
Commented by tanka_meitey at 2009-08-28 22:54
>トリオ・ザ・ミミックとか関係ないよね......

・・・演芸の領域に脚つっこんだら、底なしでっせ〜〜〜(^^;)
Commented by パンタタ at 2009-08-28 23:39 x
冥亭さんへ

はは、そのとおりです。
Commented by moonlight_swallow at 2009-09-02 20:01
ヘブンリーブルーって朝顔の品種なんですね。
「天上の青」というところでしょうか。
写真を見ていてああ確かにこういう青なのかもしれないと思いました。


▼ ヘヴンリー・ブルー 花であり世界でありわたくしであり まざりあう青 (早坂類)

この歌が好きでいつかそういう青を詠めるといいと思っています。

大事な言葉を詠むには
自分には今はまだ向き合い方がぜんぜん足りてないような気がします。


この後の日記にアップされている
パンタタさんのヘブンリーブルーの歌もすてきです。


ものすごくいい歌をたくさん読みたいです。大事に読みたい。
Commented by パンタタ at 2009-09-02 21:58 x
燕さんへ
西洋朝顔の一種だそうです。「天上の青」きれいね、
私は「わたしの青空」と呼んでいます。
早坂類さんの名前って、あちこちで目にするんですが、
読んだことがありません。このヘブンリーブルーの歌も
どこかに引用されてた記憶があります。
出会う必要があるときに出会うでしょう。
私の歌は、毎日早起きして、花殻摘みしてるからね。日常詠です。
いい歌ね、そして必要な歌ね。
糧になる歌を。
Commented by ぷよよん at 2009-09-03 12:36 x
わがやにもヘブンリーブルーあります!

しばらくパンタタさんのブログに携帯からつながらずにいて置いてきぼり感(笑)

しぼむと不思議と赤紫になるんですよね~。
Commented by パンタタ at 2009-09-03 21:38 x
ぷよよんさんへ
おお、ヘブンリーブルーでしたか、
青空の下、つながっていますね。
おなじ空おなじ青を見てをりヘブンリーブルー
by alglider | 2009-08-26 20:39 | 短歌 | Comments(18)