ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

どうでもいいこと + 短歌

f0100480_15544358.jpg


23:30


言 葉 さ へ 置 き 去 り の ま ま 引 き 潮 の 流 れ は 速 く 海 の 遠 の く


ことばさえおきざりのままひきしおのながれははやくうみのとおのく





 職場は


 海が近い。ときどき仕事帰り海に寄り道をする。干潮の思い出は幼いころにあって、夜の波止場で想像を働かせる。




あ や と り の 川 と り き れ ぬ 夕 ま ぐ れ 酔 ふ て さ う ら ふ ド ッ ク オ ブ ザ ベ イ




 そんな景色の中にいる自分を思い描きながら、今日は一歩も外に出ず。ああ、プラスチックごみを出しに行ったな。何をなしたこともなし。ビデオを見たり、ビデオを録画したり。DVDはまだ買っていない、見るときはもっぱらパソコンで。どうでもいいことだけど。ああ、借りているDVD、女性ブルースギタリスト安達久美さんを見なくっちゃ。ベースは清水興さん。大阪ミナミ出身のディープなブルースレディ。CDではベックの「哀しみの恋人達」をやっている。


 でも、音楽は好きだけど演奏しているDVDを見るのはあまり好きではない。音だけの方がいい。ポップスやロックはMTVやPVが出回りだしてから面白くなくなった気がする。いっとき音楽を聴かなくなった時期があったけれど、それはMTVなどの隆盛と時を同じくしている。今から思うと、憧れが身近になって面白くなかったのかもしれない。どうでもいいことだけれども。どうでもいいことが身の回りにいっぱいあるのが日常で、対世間には、それはそれで愛おしいと言っておけばケリがつく。ただ、どうでもいいことは丁寧に扱うことが大切だと思っている。危険取扱注意なのだ、どうでもいいことって。


 葉月歌二十三首は sutanka へ (←クリック)





鰯雲どうでもいいをひとつずつ、そんなこんな。





只今のながらCD

CAPTAIN BEYOND (1st) / CAPTAIN BEYOND
[PR]
Commented by office-nekonote at 2009-09-07 21:29
パンタタさん、こんばんにゃあ。
「サントリーミュージアム天保山」が2010年12月末で休館とか。
http://www.j-cast.com/2009/09/07048490.html
残念・・・
Commented by パンタタ at 2009-09-07 21:38 x
たまちゃんへ
そうなんです、残念です。
確かに場所は不便なところにあるのです。
が、回りは港ですから、他の余暇と組み合わせれば楽しめるんですがね。
日本で一番低い山、天保山もあるしって(これはまったくお笑いで、観光には適していませんが).......
国立ができてからは、やはり独自性が薄れましたね。
どちらも近代から現代中心ですから。
アンタダの建物をどうするかだ、問題は。
Commented by tanka_meitey at 2009-09-07 22:07
「天保山」…海遊館が出来るまでは、茶臼山と同じく講談の世界だと思ってました〜(^^;)
10月にはクリムトを中心としたウィーン展らしいですね。

>アンタダの建物をどうするかだ、問題は。

パンタタさんと語感が似てますが、それは何でしょう?
Commented by パンタタ at 2009-09-07 22:31 x
冥亭さんへ
茶臼山と同じ講談の世界、なるほどねぇ、笑
ウィーン派ですか、秋にはいいですね....見に行こうっと。

アンタダですか安藤忠雄の略です。
by alglider | 2009-09-06 15:54 | 短歌 | Comments(4)