三か月 + 短歌

f0100480_21572632.jpg


23:20

 ずん


 と、涼しくなって気持ちよい。そこで微妙な変化を感じた。以前の私なら、この時季なら快適、気持ちいい、で済んでいたはずなのに「すこし上着をはおろうか」なんて思ったのだった。これは加齢によるものか、といぶかしんでいる。




会 ふ た び に 「 こ れ で お し ま ひ 」 と 言 ひ し 君  今 夜 わ た し は 秋 服 を 出 す よ


あうたびに「これでおしまい」といいしきみ こんやわたしはあきふくをだすよ





 明日、行けば、明後日は試写を見に行って休みに突入。試写って休みみたいなものだから八連休。試写の前に、国立国際美術館へちょっくら顔出し。季節もええし、ええどええど。休みの間に今年のこの連休こそ、一年前に買ったベッドを組み立てなくては。


 義母から「元気になった」とお咲さんに電話があったらしい。お咲きさんが「ほんま、連れ合い亡くして三か月とは、よう言うたもんやねえ」。連れ合いを亡くしてから元気になる目安の言葉らしいが、そんな言葉は初耳である。聞いたことがない。でも、なんだかリアル。連れ合い亡くして三か月。






 三か月どちらが過ごす三か月、そんなこんな。






只今のながらCD

PHOTOS OF GHOSTS / PREMIATA FORNERIA MARCONI
[PR]
Commented by やねうらねこ at 2009-09-14 23:51 x
>連れ合い亡くして三か月
男と女では期間が違うような…。

どちらかというと、女性の方がたくましいんと違いますかねぇ。
Commented by ぷよよん at 2009-09-14 23:55 x
1秒でもわたしより長生きしてほしい

という内容の歌詞を若い時に書いた記憶があります。

わたしは残されたくないです、1秒でも(*^_^*)



今夜のパンタタさんの歌
いつもとテイストが違いますが好きです。
Commented by パンタタ at 2009-09-14 23:56 x
やねうらねこさんへ
そのとおりでしょうね。
うちの父は母を先に亡くして、もう見事にぼろぼろでした。
三か月どころか三年はおろおろしてましたね。

Commented by パンタタ at 2009-09-15 00:00 x
ぷよよんさんへ
>1秒でもわたしより長生きしてほしい

がよいのか、どうか分かりません。
先に死にたいというのは、傲慢な気がするときもあるし、
そういう時は天に任せる。
先に逝くときは先に逝く
残されたら、残された時間を生きる。
それしかありませんわ、ほんま。
いずれにしても、欲望ならどっちもつらい。
Commented by ぷよよん at 2009-09-15 06:48 x
そうなんですよ

残されたくないのはかなりエゴイスティックなのかもしれない

歌詞を公開した時、賛否両論飛び乱れた記憶もあります

一緒にってのが理想なのかも(*^_^*)
Commented by パンタタ at 2009-09-15 21:01 x
ぷよよんさんへ

賛否両論飛び乱れましたか、そりゃ手厳しい。

一緒はちょっと危険なにおいがしますぜ。
by alglider | 2009-09-14 21:57 | 短歌 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧