ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

所用ほぼ済み + 短歌

f0100480_1932216.jpg


22:44

い た づ ら な 風 に 服 す る 神 無 月 そ よ ぐ も の み な 思 ひ を ほ ど き


いたずらなかぜにふくするかんなづきそよぐものみなおもいをほどき




 予定通り


 所用が済む。月光に送る詠草の選歌推敲が深夜になりそうだけど。明日は仕事をやっつけてしまわなければならない。来週は上京するので、終わらせておかないと、やばいっす。


 ■ 九月に作った短歌、長月歌二十一首を sutanka (←クリック) にまとめました。上にも書いたけどね。


 まだすることがあるから、更新ここまで。





月満ちてチルチルミチル探し物、そんなこんな行方知れずの夜だ。





只今のながらCD

SHADOWS UNBOUND / NATHAN MAHL
[PR]
Commented by やねうらねこ at 2009-10-04 06:46 x
チルチルミチル…懐かしいですね、幸せの青い鳥。

月が満ちると何か胸騒ぎのような、何かが変わるような…そんな雰囲気がかもしだされますね。昨夜の月はとてもきれいでした。

月明かりの中では、木立もものを言いだしそうです。
Commented by パンタタ at 2009-10-04 13:59 x
やねうらねこさんへ

福島泰樹さんの歌に

さくらばなちるちるみちるみずながれさらば風追う言葉とならん

というのがあって「ちるちるみちる」という語感はずっと頭に残ってます。

今夜も満月、晴れそうですね。早く仕事をやっつけてしまって、
散歩に出よう。
Commented by テキーラ at 2009-10-04 14:16 x
やはり本歌取りだったんですね。
「風に献ず」か「夕暮」あたりでしたか、はたまた第一歌集でしたか。
Commented by パンタタ at 2009-10-04 16:55 x
テキーラさんへ

本歌取りって.....うう。

どの歌集だったかなあ、調べたら分かるけど、
覚えてないや。

Commented by テキーラ at 2009-10-04 21:41 x
ダメじゃん。
師匠の歌忘れちゃ(笑)
Commented by パンタタ at 2009-10-04 22:43 x
テキーラさんへ
えーっ、はい、調べました。

歌集「転調哀傷歌」に入ってました。あと何首か引きましょう。

ワンカップ大関の蓋ひらくためにはあらねどもまた汽車に乗る

吹雪せり窓の外にも情(こころ)にも愛しておるよ酒をくだされ

じりじりと君を待ちおる夕まぐれ茗荷の花の黄の嘘ばかり

お酒の歌、多いです、うう。
by alglider | 2009-10-03 19:03 | 短歌 | Comments(6)