嵐の前 + 短歌

f0100480_16172748.jpg


21:32


 ペルトを聴きながら一人いると、部屋にあるものがすべて眠ってしまったようだ。



物 ね む り 宙 を 過 ぎ ゆ く 時 は 舟 わ れ の と 胸 に さ ざ 波 の こ し


ものねむりそらをすぎゆくときはふねわれのとむねにさざなみのこし





 もうすぐお咲きさんと娘さんが帰ってくる、騒がしくなるぞ。


 最近の短歌は納得できない。が、書き続ける。




 年の瀬の寝るもの起こす帰省かな、そんなこんな嵐の前の静かな夜だ



只今のながらCD

ALINA / ARVO PART
[PR]
by alglider | 2009-12-28 16:17 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧