ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

寂寞、そして来年へ

f0100480_14275224.jpg


16:06

 天気晴朗なれど


 風強く、そんな中、お咲さんの田舎へ向かう娘さんを駅まで見送る。昨日は二人でいることに緊張があったのだが、それは私ばかりの感情で、二人の間に緊張が張り詰めていたわけではない。単に明るみにさらされていない私一人の「悔い」の感情である。


 見送って、緊張から解放されるかと思えば、「そのまま横浜に帰るんやな」「うん」という会話をして笑顔で振り返る娘さんの顔を見ると、猛烈な寂寞が襲ってきた。帰り道は寂しくて寂しくて泣いてしまった。


 帰宅してすぐ安定剤を服用。ここ二、三日、家にいたから薬を飲むのを失念していた。日常的に飲んでいた方が急激な感情の変化に対応できるから飲んでおかねばならなかったのだろう。


 この一年は、年始に「アル中は自らの能動的な行為に慎重であるべきだが、今年は短歌に向かって少しずつアクションを起こす」てなことを日記に書いた。そう書いたからといって劇的な変化があったわけではない。そこは長いことアル中と付き合っているので、バランスをとりながらである。実際には二カ月に一度の福島泰樹さん主宰「月光の会」の歌誌「月光」の毎回十五首を投稿・掲載されたし、辰巳泰子さん主宰の「月鞠」にも十首参加でき、次号への十首を送信済みである。上京も二度ほどかなった。毎月、ブログや sutanka にアップする歌の数も増えた。


 劇的ではないが短歌の方へ思いをシフトしていき(その分、断酒会の退会するということがあった)、坦々と日常の中に歌を取り入れていったということだ。これが一番の緩やかで堅実な変化であったと思う。ただ、今は少し行き詰った感がある。昔の自分の歌を見て「わあ、こんなんよう詠まへんわ」と、立ち位置が違ってきている気がする。それで、今月はペースがダウンして二十首には届かないかもしれない。「月鞠」に別途十首作っているから、平均すれば一日で一首弱(そんな勘定の仕方はないだろうが)の塩梅である。それは私にとってすごく堅実な成果で、アルコールに支配された頭では出来ぬことであったのだ。ささやかな約束事に絞りそれを守る、ミニマルで誠実な重層的行いがが大きなハーモニーを形成していくものだと思っている。そして自分が今立っているところ、感情のありようを見つめなければならない。修羅であろうとも。


 今年は早かった、すごく早く過ぎた。その感慨を今日書くと昨日書いたが、思い出せなかった。健忘症がすごく進行していることに愕然とする。忘れているから、一年が早いとすれば、これはいささか困ったことである。ささやかな約束事ではあるが深部に届いていないのであろう。ささやかなことを確実にこなす、という姿勢できたが、来年はささやかなことを確実に深くこなす。思いを深める、そのことで深い記憶を刻印する。そうするべきだな、と反省して来年を迎えたい。


 まだ寂しさと動悸が治まらぬ。一人であることに耐えきれない部屋という荒野だ。薬も飲んだことだし、あとはチョコレートと珈琲だ。


 風強く娘の背中押されゆく、そんなこんな寂寞の夕暮れ前だ。




只今のながらCD

閉ざされた街 / カルメンマキ & OZ
[PR]
Commented by at 2009-12-31 20:57 x
孤独、さびしさには、二種類あって、独りになれない孤独、さびしさもあったりします、わたしには。
荒野は、辛い。

さて、あと数時間で新しい歳が始まります。
少しづつでも前にすすんでいらっしゃるパンタタさん、足踏みか、後しさりしている文ですが、来年もどうぞよろしく。

お咲さんと娘さんに素敵な新玉の歳が訪れますように。
Commented by パンタタ at 2009-12-31 21:23 x
文さんへ

ああ、二種類なあ...文さんの日記を読んで、
想像でしかありませんが「独りになれない孤独」、それはつらいでせうね。

そうです、あと数時間で新年。
文さんに素敵な歳がジワリと昇ってきますよう。
よいお年をっ!

Commented by おっかん@吹田 at 2009-12-31 23:34 x
どこかの例会場での再会楽しみにしております。
来年もヨロシク!!
Commented by パンタタ at 2009-12-31 23:45 x
おっかんさんへ

おかえりなさい。ぼちぼち行ってくださいよ~
どこかの会場でね、
こちらこそよろしく。

Commented by BEATNIKS at 2010-01-01 02:21 x
帰り道寂しくて泣いてしまったというまんまの表現に私も泣けてしまった!
Commented by パンタタ at 2010-01-01 14:27 x
BEATNIKSさんへ

お互い年なんですよ、涙もろくなりました。
涙腺ゆるゆるですね。
二月の帰国、楽しみにしております。
先日、家族三人でマミコさんとこ行ってきました。

by alglider | 2009-12-31 14:27 | 日々是口実 | Comments(6)