浅川マキ挽歌2 七首(推敲しました)

f0100480_2075588.jpg


22:31


呪 詛 の ご と 夜 が 明 け た ら を く り 返 す 酒 飲 み 終 へ ぬ 日 々 の あ り に き
じゅそのごとよがあけたらをくりかえすさけのみおえぬひびのありにき


悔 恨 の 始 発 電 車 に 乗 り し か ば あ は う み い だ く 雪 原 に 立 つ
かいこんのしはつでんしゃにのりしかばあわうみいだくせつげんにたつ


持 て あ ま す 暮 ら し 捨 て け む 旅 と い ふ 仕 事 終 へ た る 墓 掘 り 人 夫
もてあますくらしすてけんたびというしごとおえたるはかほりにんぷ


人 生 の 甘 く な け れ ば 濁 流 へ わ れ を い ざ な へ 古 き コ ー ト よ
じんせいのあまくなければだくりゅうへわれをいざなえふるきこーとよ


問 は れ れ ば わ れ は 酒 場 の 泣 き 男 わ か れ の 川 を 蒼 ざ め わ た る
とわれればわれはさかばのなきおとこわかれのかわをあおざめわたる


答 へ て よ つ れ な い そ ぶ り の マ ヌ カ ン は 黒 い ド レ ス で わ れ を 見 お ろ し
こたえてよつれないそぶりのまぬかんはくろいどれすでわれをみおろし


ポ ケ ッ ト に 入 れ た き ほ ど の し あ は せ と 貧 乏 ゆ す り の わ れ の ブ ギ ウ ギ
ぽけっとにいれたきほどのしあわせとびんぼうゆすりのわれのぶぎうぎ




只今のながらCD

DARKNESS Ⅰ/ 浅川マキ
[PR]
by alglider | 2010-01-22 20:07 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧