ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

いと疾し + 短歌

f0100480_20384663.jpg


23:21


そ し て わ れ い ず こ へ 逃 げ る け ふ と い ふ 没 日 は す で に 祈 り よ り 疾 し

そしてわれいずこへにげるきょうといういりひはすでにいのりよりとし


 月曜


 だったが、それほどかったるいなあ、と思わず終える。いつもなら週初めの一日は祈りに満ちている。無事何ごとも起らぬようにと荒海に漁に出かける面持ちで家を出る。しかしなあ、ちょいと前に「あけましておめでとう」「いやー、どもども」なんて言い合っていたのに、もう今週と日曜が終われば二月だよ。


 ああ、あまりにも早い日々になす術がない。



ま い に ち を 惜 し ん で ゐ る か 残 照 の 問 ひ か け の 過 ぎ 街 の 灯 と も る

まいにちをおしんでいるかざんしょうのといかけのすぎまちのひともる




 過ぎ去れば風に挙手するスナフキン、そんなこんないと疾しな夜だ




只今のながらCD

Words / akiko
[PR]
by alglider | 2010-01-25 20:38 | 短歌 | Comments(0)