ツタンカーメン + 短歌

f0100480_20241376.jpg


22:55


口 惜 し き 一 つ ひ と つ に 名 を あ た へ 土 葬 の 夜 に オ リ オ ン は 立 つ

くちおしきひとつひとつになをあたえどそうのよるにおりおんはたつ




 最近


 というか、ここ何カ月か眠りが深い。そして重い。中途覚醒がなく、夢も何も覚えていない。頭の中では、持ち重りする長方体の大きな羊羹が一本ベッドに置かれてあるような眠りだ。または、ツタンカーメンのように微動だにせず寝て、復讐のミイラ男のように朝おきる。


 そう、眠ってから起きるまでに何もない。何もないけど、ただただ深い重い眠りがあって、死んでいるみたい。死は経験がないから、こういう感じではないかなあ、と何の記憶も残らない眠りの時間を「死」という形で想像してみる。


 寝返りも打たず、きっと寝入った形のままに起きているのではないか。





 沈みゆく眠りの底の深海魚、そんなこんな深い眠りの今日このごろの夜だ。



只今のながらCD

FREAK OUT / THE MOTHERS OF INVENTION
[PR]
Commented by sabuko61 at 2010-02-04 23:15
睡眠は仮死だね・・・

何か嫌なことがあるとすぐ眠くなってしまう。

口喧嘩でも眠くなってしまってた。
Commented by パンタタ at 2010-02-04 23:26 x
sabuko61さんへ

仮死ね....
お酒を飲んでいたころ、医者に
泥酔後の眠りは気絶だと言われたことがあったなあ。

口喧嘩でも眠たくなるというのは幸せなのかな、
ビミョーですね。

Commented by sabuko61 at 2010-02-05 15:00
気絶wwwwwwwwwwww

声でました。
Commented by パンタタ at 2010-02-05 21:02 x
sabuko61さんへ

はい、気絶です。脳は一切休めていないとか...

>声でました。
「気絶」と叫んでしまったのですか? 笑

by alglider | 2010-02-04 20:24 | 短歌 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧