沈黙

f0100480_18515175.jpg


02:21


 久々の


 日付を超えての更新。大阪に帰省中の歌人辰巳泰子さんと、辰巳さんが去年まで「台所のブルース」を連載していた「あまから手帖」の担当編集者、住吉君と三人で居酒屋へ。もちろん私は烏龍茶。言わずもがな。辰巳さんと住吉君は初対面。辰巳さんが「会えてよかった」とささやいてくれて、こちらも嬉しい。住吉君は今夜デザイン入校が控えているということで九時ごろ会社へ。ご苦労さま。


 私と辰巳さんは河岸を変えてもう二時間ほど、少しの短歌話と多くの世間話。話をしている中で私は思った。世間には物語が多すぎるのだ、と。人は他人が作った物語、世間の物語に乗りたがる。言えば他人の物語、流通する主人公になって悲しんで、そして憐れんでもらいたいのだ。人は物語がないと生きてはいけないが、それは不器用であっても、恰好よくなかっても、自らの血肉をかいくぐったものでなければならいと思う。世間に流布している物語に自分の言葉・人生を乗せて、伝われば(伝わりやすいよね)よしとしている人がなんと多いことか。


 そら確かに逃げ出したい、と思うことがある。その時は逃げたらいいと思う。人の物語に乗っかるよりはいい。難しいのは、その逃げ方も他人の物語のおんぶにだっこになってしまうことが往々にしてあることだ。それは自分の「生」をWikkipediaで検索してるようのものだよ。おおよそすべてのことは語られつくし、物語は用意されているから。それは前衛とか新旧の問題には置き換えられない。寡黙沈黙、を恐れてはならない。表現はむしろその沈黙の中にあるのだと思う。


 しかし、辰巳さんって深々とおじぎをする人だなあ。




 黙しをりどうしようもなく黙しをり、そんなこんな沈黙の夜だ




只今のながらCD

AQUALUNG / JETHRO TULL
[PR]
Commented by MAKKUROFUKU at 2010-02-13 00:23 x
はじめましてパンタタさん。文さんの友人の息子です。Wes Jeansのアルバムを頂いた者といえばわかるかと。お礼が遅くなってすみません。アルバムありがとうございました。文さんからの情報だけで僕の好きなタイプの音楽をピンポイントで当ててきたのでなんか嬉しかったです。もしよければまたオススメのアルバムを紹介してください。
Commented by パンタタ at 2010-02-13 01:18 x
MAKKUROFUKU君へ

文さんからスティヴィー・レイ・ボーンが好きと聞いていたので、
レイ・ボーンのCD にしようかな、とも思ったのですが、
持っていはったら意味ないので、
若手のレイ・ボーン風味のWes Jeans にしました。
いいでしょ、彼は伸びると思うよ。
好きなアーティストを教えてよ。
ヒントくれたらこっちでにつくろって送るから。
ただ年寄りなので、ヘビメタはあんまり持ってないけど。
エアロ・スミスならほとんどありますが。
AC/DCに行くんだってね。
首を傷めない程度に
ヘッドバンキングしてきてください、笑

Commented by 拓諳 at 2010-02-13 08:53 x
表現は沈黙のなかにある。
いい言葉ですね。
Commented by パンタタ at 2010-02-13 10:26 x
拓諳さんへ

ま、よくある言い回しですが...
それに、つい多くを語るきらいのある
私が言うことでもないかもしらん(じゃ、言うな)
と拓諳節で、ひとつ(オイ!)

Commented by 拓諳 at 2010-02-13 11:32 x
面白ーい☆
重鎮がたまに繰り出すひとりツッコミには
米朝なみの風格があります(笑)
Commented by パンタタ at 2010-02-13 12:26 x
拓諳さんへ

困りますな~師匠...

Commented by moonlight_swallow at 2010-02-14 19:10
>人は物語がないと生きてはいけないが、それは不器用であっても、
>恰好よくなかっても、自らの血肉をかいくぐったものでなければならいと思う。

そうですよね。パンタタさんからアツい発言を聞くとぐっと腹に力が入ります。
ぼくもぼくなりに、不恰好にがんばっていこうと思います。

昨日の短歌オフ会も新メンバー3名を加えて楽しい集まりでした。
次回桜の季節に。


瀬波麻人
Commented by パンタタ at 2010-02-14 21:43 x
瀬波麻人さんへ

静かに熱く生きますかね。

>次回桜の季節に。

嗚呼、もうそんな季節が近づいてるんですね。

by alglider | 2010-02-12 18:51 | 日々是口実 | Comments(8)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧