ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

桂馬だよ + 短歌(再・推敲しました)

f0100480_20365243.jpg


22:30


如 月 の 風 は 弔 ひ 口 つ ぐ み わ れ み ず か ら を 点 景 と な し

きさらぎのかぜはとむらいくちつぐみわれみずからをてんけいとなし



 今日も


 風強き日。ななめ歩き。とほほ。とくに面白きことなし。往きの電車で歌集、帰りの電車で熟睡。タワレコによってドボルザークと高橋悠治のバッハなどクラシックを何枚か購入。短歌詠みは突き当りっぱなし。出口なし。



 情けなき歩みあゆみて桂馬かな、そんなこんなとほほな夕刻でした。




只今のながらCD

SOUL BOOK / ROD STEWART
[PR]
Commented by くも at 2010-02-18 22:13 x
なんの「点景」となるんでしょう。

詠う深さに感心いたしております。
Commented by パンタタ at 2010-02-18 23:26 x
くもさんへ

風の吹くところならどこでも風景の一部になります。

初め「冬の野」で始めていたんだけど、
どんどん抽象化されてしまって、戻れなくなりました。
今は、歌、ぜんぜん駄目だから、とにかく書き続けてる状況です。



by alglider | 2010-02-16 20:36 | 短歌 | Comments(2)