ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

星々 + 短歌

f0100480_20203530.jpg


22:55


星 た ち は 生 ま れ て は 消 え わ が 胸 は セ ロ と な り な む 宇 宙 の 旋 律

ほしたちはうまれてはきえわがむねはせろになりなむそらのせんりつ



 通勤の


 間、車中で「月光」を読む。新しく始まった福島泰樹主宰の連載「懐かしのわが家―講演 寺山修司」が面白い。二か月ごとの連載だが楽しみである。


 帰り最寄駅前のスーパーに寄っていたらお咲きさんとばったり。何だか疲れているみたいで、二人で割引の始まった出来合いの寿司なぞを買ってかえり、簡単に晩ご飯を終えた。


 昔、仕事でよくコンビを組んでいたカメラマンから電話をもらう。お酒をやめる前から連絡を取り合っていなかったから、へたをすると十年近くご無沙汰していたことになる。「お酒をやめてるんやて、聞いたよ」だって。「そうそう、君と仕事をするときはよく飲んでいたなあ」と言えば「風呂に漬かるように飲んでたもの」だって。どんな飲み方だ、風呂に漬かるぐらいって、想像ができない。


 帰り道はたいがい星を見上げつつ歩く。星は生まれ、また消えて、私の胸にながれる音楽がある。冬の星たちのメロディーは特にすがすがしく冷たく浸み入る。林を抜けるとき、それは木々の合間に見え隠れし、すこしアクセントが付く。




 「星々」と星に居ながら口にする、そんなこんな星の夜だ。




只今のながらCD

SELLING ENGLAND BY THE POUND / GENESIS
[PR]
Commented by tanka_meitey at 2010-02-22 22:12
団地街って何処もよく似た風景になっちゃいますね〜★
今夜の22時22分て、一気にアクセス殺到でパンクしそう〜(^^;)
なんぼゾロ目だちゅーて、「2」は大富豪(一部で「ド貧民」)以外ぢや
最低の数扱いなんだけどなぁ〜。カーリング、ドイツは強かった★
欧州チーム、みな怒声だけで弾き跳ばしてるみたいで、コワい!
Commented by パンタタ at 2010-02-22 23:07 x
冥亭さんへ

このどこへ行っても同じ風景の団地が
よろしく哀愁なのよ。
好きなんです。

Commented by すずぼん at 2010-02-26 18:17 x
>「星々」と星に居ながら口にする

う、いいっす。。

あ、やっとこさっとこ、本日送りました~♪
それがちょいと、、
遅れた事情でもあるのですが、かんじんのCNさんの曲入れられず、、、
いつになるかはまだ未定ですが、第二便でまいりまする~m(__)m
Commented by パンタタ at 2010-02-26 21:28 x
すずぼんさんへ

うう、俳句は余興です。
はい、楽しみに待っておりま~す。
CNさん、何だったかな、と一瞬なやみましたが、
分かった!了解しますた。

by alglider | 2010-02-22 20:20 | 短歌 | Comments(4)