ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

妖怪 + 短歌

f0100480_21572030.jpg


23:27


 昨日の


 雪を運んできた低気圧が緩和して、風はあったが、まあ、過ごしやすい日和だった。私の体内時計はまだまだ冬のままだけど、日が長くなったのは、帰りのプラットホームに立つと、ネオンサインのかがやき方や遠くまで見通しのきく景観で分かる。


 到着するものと去っていくものを待つプラットホームの情景が好きだ。夕刻になると鉄柱や架線や電車を待つ人々の影が長く延び「影を切ってしまうぞ」と妖怪電車が叫びながら入線してくる。





黄 昏 の 人 ま た 人 の す き 間 か ら わ が 影 ぬ す む 妖 怪 い づ る

たそがれのひとまたひとのすきまからわがかげぬすむようかいいずる





 
 物の怪はながきにわたりわれと住み、そんなこんな妖怪な夜だ




只今のながらCD

ALWAYS NEVER THE SAME / KANSAS
[PR]
by alglider | 2010-03-11 21:57 | 短歌 | Comments(0)