ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

夕方から映画へ + 短歌

f0100480_12553842.jpg


16:31


深 海 へ 降 り 積 む 雪 を 想 ひ を り い づ れ は わ れ も 帰 ら む ひ と り

しんかいへふりつむゆきをおもいおりいずれはわれもかえらむひとり



 夜桜の


 写真が続いたので、さきほど昼の桜を撮りにでかけ、今、遅い洗濯が終わったところ。お咲きさんは、朝から帰省。ン十年ぶりに高校の同窓生と会うのだとか。と言ってもお咲きさんを含めて三人ということだ。田舎に残っている人が少ないのだね。そして実家に一泊するらしい。義母も高齢で独り暮らしだかんなあ。


 というわけで、私は夕方から「シェルター」という多重人格者を扱ったサイコ・ミステリー映画を観に行く。お咲きさんに言わせれば「悪趣味映画」ということになろう。面白いかどうか、前評判は知らない。予告編が好みだったからではあるが、このパターンは往々にしてこけることが多い。ブルース・ウィリスの「パーフェクト・ストレンジャー」もそのパターンで、見事こけた。


 午前十一時ぐらいまで寝ていて、お咲きさんが出て行ったのは覚醒半分で分かっていた。うつらうつらしていると罪悪感に襲われる。これは、アルコール依存症のときにお酒を飲み疲れたときに、昼夜かまわず寝ていたことからくる強迫で、お酒をやめて五年たっても治りそうもない。死ぬ直前も横になっている罪悪感に襲われるのだろうか。かなわんなあ。


 帰りが遅くなるので、とりあえず早めの更新をしておいてっと。




 mixiの短歌コミュ題詠「深海」苦戦中。








 寝てゐると早鐘のごとつらくなり、そんなこんな出かける前だ



只今のながらCD

閉ざされた街 / カルメン・マキ & OZ
[PR]
Commented by くも at 2010-04-05 15:41 x
深海へ降り積む雪を想ひをりいづれはわれも帰らむひとり

そうですね。そうなんです。

こういう歌がしみじみするのはそうなんですけど、
まだ、こういう歌、早すぎます。

Commented by パンタタ at 2010-04-05 21:05 x
くもさんへ

>早すぎます

って??
私はいつもそういう強迫の中で暮らしております。
ちとしんどいことですがね。

Commented by 辰巳泰子 at 2010-04-06 06:09 x
その罪悪感は突然なくなったりしますよ。

わたしもうつらうつらしてるとき、「一生罪悪感」(二度の離婚後遺症)と思っていたけれど、息子が社会に出て、突然なくなりました。

過去は消えないけど、苦しみはいつか、何かといっしょに洗い流されていくものなんですね。

出会いに感謝。
Commented by パンタタ at 2010-04-06 21:42 x
辰巳泰子さんへ

いつかそうなる日が訪れるのを願いつつ、
日々のこと、日々の技をなし終えていこうと思います。

出会いに感謝 `人´

Commented at 2010-04-09 10:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by alglider at 2010-04-09 22:58
非コメさんへ

うう、泣き虫でござるなあ...
でも実感だよね。

パンタタ
by alglider | 2010-04-03 12:55 | 短歌 | Comments(6)