ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

卯月尽日 + 短歌二首

f0100480_21445240.jpg


23:12


は な み づ き 陽 に 溶 け は じ め そ れ ぞ れ の 命 ふ る は す 汀 と な り ぬ

はなみずきひにとけはじめそれぞれのいのちふるわすみぎわとなりぬ



い つ ま で も 灯 火 の 馬 め ぐ り を り 断 ち 切 り か た し 追 憶 と い ふ は

いつまでもともしびのうまめぐりおりたちきりかたしついおくというは




 ああうるわしの


 という形容詞が付くはずだった四月が去ってゆく。最後の一週間は風邪の日々。たはっ。寒き卯月であった。明日は娘さんが帰ってくる。うわっ、リビングの掃除をしとかな。CD と本が散乱していますがな。


 昨夜は怖い夢を見て目が覚めた。トラかライオンか、まあそのような獰猛な動物がが人を食っている。が、その異様な動物がだんだん人に変わっていって、人が人に食らいついている情景に変わるのである。リビング・デッド系の映画を見てもなんともないのに、この夢は恐ろしかった。ガリガリと齧る音までリアルに耳に聞こえてきて、怖すぎて安全装置が働き目覚めた。喉が渇いていた。汗をかいていた。トイレに行った。はあ。もう一度寝たら、今度は何とも言えぬ奇妙な夢を見た。


 寝付きが悪く、そのうえ夢見がそんなだったもので完全に寝不足。午前中まで雲の上を歩いているようなフワフワ状態でありました。そんなことで四月が終わってゆくのですねえ…





 四月去り空の青きに涙する、そんなこんな五月に期待の夜だ。




只今のながらCD

EXPOSURE / ROBERT FRIPP
[PR]
by alglider | 2010-04-30 21:44 | 短歌 | Comments(0)