ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

低気圧 + 写真短歌

f0100480_19541723.jpg

23:04


な に も か も 影 に な る の だ 昼 下 が り ひ と し く 並 ぶ 白 き 病 棟


なにもかもかげになるのだひるさがりひとしくならぶしろきびょうとう



 降ったり


 止んだりの雨。雨は傘とかが面倒くさくって嫌いである。嫌いな上に、いつごろだったか「低気圧になると頭などが痛んで調子が悪くなる」というような一文を読んだ。「低気圧かあ…」と、言葉って不思議なもので「雨=低気圧=体調を崩す」という等式が身についてしまった。で、雨の日は傘の面倒だけでなく体調まで崩すようになった。言葉は身体化するのである。丁寧に扱わなければ体を壊すのである。短歌もそういう意味では恐ろしいものだと思うのである。


 また逆もあって、身体も言語化してしまう。私なんぞ心身の調子が悪い時は騙し騙し逃げ腰の歌を作るが、本当はそれを強靭な礎とせなあかん、と急に大阪弁になったりするのである。辰巳泰子さん歌を読むと「遥けく」そう思うのである。




 歌人・辰巳泰子さんのツイッター短歌教室(←クリック)





 ていきあつoh!テイキアツ低気圧、そんなこんな低気圧を思う夜だ。





只今のながらCD

VENUS AND MARS / WINGS
[PR]
by alglider | 2010-05-19 19:54 | 短歌 | Comments(0)