寛解 + 短歌(推敲しました)

f0100480_2157166.jpg


22:59


あ あ 逃 亡 者 は 独 酌 な り き 水 無 月 の 濡 れ る あ ぢ さ ゐ た だ 笑 ま ひ を り


ああとうぼうしゃはどくしゃくなりきみなづきのぬれるあじさいいただえまいおり


 何十年も


 お酒を飲み続けアルコール依存症になった。今、五年半ほどお酒をやめていて、寛解といえば寛解なのだが、重く深いところに病巣があるような気がしてきている。強迫神経症や不安症といった実生活を悩ます病状だけでなく、すごく重いもの=核が心や頭の中に巣くっているようだ。それは“依存症になった”という事実に起因する。事実は受け入れるしかないのだ。ぽいっと放り出して知らん顔をすれば、お酒を飲んでしまうとか、飲まないでいるとかではなくて、大きな過ちをおかすような気がする。受け入れて物語にすること。回復や寛解とはノベライズである。






 事実とは私の外へ出でぬもの、そんなこんな袋の夜だ。





只今のながらCD

PROPAGANDA / SPARKS
[PR]
Commented at 2010-06-07 23:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 辰巳泰子 at 2010-06-08 00:18 x
ほんとに「依存症になった」という事実に起因するの?
わたしはしないと思う。
依存症になってなくても、強迫神経症にだって不安症にだって、なっていました。
アルコール依存症であった事実に依存する病、それもアルコール依存症ですよね。

かくいうわたしは、三十年来(もっと長いかも)のヒョーゲン依存症を、脱出中です。
途中でくじけるか知らんけど、神様がくれた練習と思う。
Commented by テキーラ at 2010-06-08 01:05 x
がんばれ
Commented by BEATNIKS at 2010-06-08 01:07 x
○○さん(いつもの呼び方で).....ちょっとつらそうやね。
Commented by パンタタ at 2010-06-08 07:33 x
非コメさんへ

はい、どうぞ、よろしく。

Commented by パンタタ at 2010-06-08 07:59 x
辰巳泰子さんへ

私の場合は「事実」に起因するものが大きい気がします。
何か罪を犯した人に「一生かけて償ってください」という言葉がありますやん。「償い」という言葉のニュアンスが私の場合違うのですか、ちょっと似てる気がします。

>アルコール依存症であった事実に依存する病、それもアルコール依存症ですよね。

飲まないアルコール依存症というやつです。飲まないことはできても、依存した過去から完全にフリーになることは難しそうです。依存症になるまで、またなってから起こった出来事がごちゃごちゃ頭の中に残ってますから。
しかし、依存と言うよりも、飲まないことで「事実」にしんどいけど積極的にかかわっていこうとしてる感じです。うまく言えないけれど。

ヒョーゲン依存症の話、日記で追っかけています。

Commented by パンタタ at 2010-06-08 08:00 x
テキーラさんへ

おすっ! がんばらずにがんばります。
Commented by パンタタ at 2010-06-08 08:07 x
BEATNIKSさんへ

このなんやかんやしんどいことがあっても、
これまでお酒断ちは順調やった気がします。
ちょっと変わり目かな、と思います。

by alglider | 2010-06-07 21:57 | Comments(8)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧