「ほっ」と。キャンペーン

ファイブ・ライブ・カーサルズ + 短歌

f0100480_20461779.jpg


22:14


ビ ル 風 の つ よ き 日 な れ ば 文 明 の 崩 壊 ち か し 帽 子 お さ へ ぬ


びるかぜのつよきひなればぶんめいのほうかいちかしぼうしおさえぬ



 写真は


 ずっと探していたCD カーサル・フライヤーズの「ファイブ・ライブ・カーサルズ」の一部。本当にずっと探していて、タワレコに行ってもコーナーすらない。アマゾンでもスタジオ録音盤(このグループ、スタジオものはいただけない)ばかりで、もう、すっかり諦めていたのだった。もちろん、この「ファイブ・ライブ」はヤードバーズのライブ名盤「ファイブ・ライブ・ヤードバーズ」からいただいたタイトルです。


 新しくCD になってないかなあ、アマゾンでもう一度よく探さなくてはなんて思っていた日に、BEATNIKS さんからアメリカのアマゾンで「カップリングで出ていますが買いましたか?」とメールをもらう。本当にグッドタイミングで、これはシンクロニシティというより「呪」である。「アメリカで買ってこっちに送ってほしい」と返事をすると、日本アマゾンのアドレスが書かれたメールの返事。「ゴールデン・マイル」というアルバムと一緒に一枚もののCD になっていた。<TWO ALBUMS ON ONE CD> というわけで「DOUBLE OR QUITS」というタイトルに。これでは探しきれないはずだ。で、とにかくめでたく今日入手。BEATNIKS さんに感謝。あ、音はUK のパブ・ロックです。ドクター・フィールグッドにちょっこし似てる。


 お咲きさんに「探していたCD がやっと手に入った」と言ったら「この前もそんなこと言ってたわね」だと。はあ、言ってたかも。探してるの多いから、古いのが結構多いし、と自己弁明。「嗚呼、こんなものまでCD 化される時代になったのだ」というのはコレクターの常套句、ま、言い逃れですわ。




 そんなこんな。




只今のながらCD

FIVE LIVE KURSAALS! / KURSAAL FLYERS
[PR]
Commented by BEATNIKS at 2010-07-30 10:36 x
2009年の遅くにリリースされたみたいですね。去年の前半頃に調べたときはなかったから。時々チェックしないと駄目ですね。ところでこの写真は
CDに入ってたものでしょうか。このジャケでしたね。
Commented by パンタタ at 2010-07-30 21:02 x
BEATNIKSさんへ

この写真、CDについていたリーフレット(?)の中にありました。
折り返して、この写真を表にしてCDに入れてます。
あと、ザ・シークレッツという二人組を探してます。
音はスパークスをロンドン・ポップにしたみたいなんだけど。
これがないんです。また、ときどき探さなきゃ...



by alglider | 2010-07-29 20:46 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧