私の夏がゆく + 短歌(推敲しました)

f0100480_20184358.jpg



 「月光」の短歌夏合宿が終わる。由布院は今日一日、日照雨(そばえ)。秋が私を濡らす。


 大阪に帰り着いたら、相変わらず暑いのだろうが、これで私の中の夏はいってしまった。


 写真は久大本線の電車がすれ違うときのため、停止して待つ複線。基本は単線だ。




行 く と ふ は 譲 り あ ひ に て 単 線 の 会 釈 か は せ ば ひ と り と な り ぬ


いくとうはゆずりあいにてたんせんのえしゃくかわせばひとりとなりぬ
[PR]
Commented by ya at 2010-08-30 04:43 x
スイッチバックってやつですか。ちょと戻って待つやつ。
Commented by パンタタ at 2010-08-30 12:41 x
ya さんへ

いえ、戻ったり切り返したりせずに、
決まった駅の近くだけが複線で、そこで待ち合わせてやり過ごすというタイプでした。

by alglider | 2010-08-29 20:18 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧