「ほっ」と。キャンペーン

丸く + 短歌

f0100480_225636100.jpg


23:30



ゆ ふ ぐ れ が 遅 れ て き た の わ た し よ り 眠 り の 沼 へ お り ゆ く  重 く


ゆうぐれがおくれてきたのわたしよりねむりのぬまへおりゆく おもく



 今日は


 母と父が亡くなってからほったらかしになっていた土地と家の登記を、兄が私たち二人の名義にするというので、兄の事務所まで判を捺しに行ってきた。父も祖父の代からの登記を変更する前に急死したので、実にややこしい書類であった(祖父や母や父が生きていたということを認める他人の判がいるのだそうだ)、というかほとんど斜め読みで意味はちんぷんかんぷんだったけれど、笑 兄の友人の司法書士さん(?)がいろいろと骨を折ってくれたそうである。


 兄が事務所を構えている本町に初めていったが、いやー、稼いではりますなあ、あの調子だと。まったく正反対の性格の兄弟。似ているのはロック好きということだけか。しかし、兄は現代音楽やジャズには手を出さない。もっぱら懐かしい’60年代ポップスか’70年代ロックだ。事務所にはBGMでドゥービー・ブラザースが流れていた。ふう。


 9時からミス・マープルを見たかったので、慌てて兄の事務所を出て、ぎりぎり家に帰りつく。所要も終わり、阪神も勝利し、マープルも見ることができて、一日がうまく丸まった。しかし、マープルの登場人物の顔、似すぎ。推理やストーリー以前の問題で顔が覚えられないのだった、泣。それでも楽しみに見ている。




 そんなこんな。




只今のながらCD

ARGUS / WISHBONE ASH
[PR]
Commented by izumi at 2010-09-30 02:26 x
ドゥービー・ブラザース。
いいと思います(3曲ぐらいしか聴いた事ない)

パンタタさんのうたを読んで、江國香織の「落下する夕方」という変な女の人が出てくる小説を読み直したくなった。
夕方は危険ですね。鬼が薮から覗いてそうな夕暮れあります。

アガサクリスティーの本、読む時は、表紙の裏っかわの
「主な登場人物」というとこを、開き開き「ほお、こいつが…」
とか言って読んでます。
私はマープル夫人も大好きですが「灰色の脳細胞」を持ったハゲオヤジの方がもっと好きです。



Commented by ボブ at 2010-09-30 14:09 x
関係ないことで恐縮ですが、アメリカのビザの話。
現在は事前にESTAだったかで、オンライン申請が必要らしいです。あと14$。
9・11のあとしばらくは必ずビザが必要と聞いた覚えがあるような、ないような…
あやふやなコメントでご迷惑かけました。くもさんのところに書くのもなんですから。
Commented by パンタタ at 2010-09-30 21:49 x
izumi さんへ

ドゥービーね、チャイナ・グローブやリッスン・ザ・ミュージックとかですね。流行ったのは。

クリスティは学生時代ほとんど読みましたが、
ほとんど忘れてますわ。トホホ...

Commented by パンタタ at 2010-09-30 21:51 x
ボブさんへ

ああ、調べてみると何か申請がいるみたいですね。
9.11以降なんですか。
なるほどなあ...

Commented by jupe2 at 2010-09-30 22:42
ダースベーダー・・・・・・モロ、タイプ。
Commented by パンタタ at 2010-09-30 23:18 x
サブコさんへ

ああ、言われればダースベーダに似てますね。
でもこのジャケットデザインは'70年代だす。べーだ。
邦題は「百眼の巨人アーガス」というものでした。
もとタイトルは「ARGUS」のみ。面白いね、邦題って。

by alglider | 2010-09-29 22:57 | 短歌 | Comments(6)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧