絶叫短歌終了以後

f0100480_22124061.jpg



 11日


 の午前5時ごろ、ネットカフェに漂着。短歌絶叫コンサートの終了後、福島泰樹主宰らと居酒屋で軽く打ち上げ。由布院の合宿で一緒だった月光の会員さんとも久しぶりに会い、心が和んだ。自分でもこんなに和んだ気持ちになるとは思っていなかった。東京が中心に動いている結社だから、温かく再会できたことに、関西にいることの距離感が縮まった喜びかもしれない。縮まったのはよいのだが、また歌誌への原稿(前号評)を依頼され、断りきれずに困った。


 一時間の打ち上げのあと東京の歌友と飲みなおし(プーアル茶)。私以外のメンバーはテキーラさん、稲泉さん(from 高山)、森川さん(詩人)、初顔合わせのボブさん、バァルクリーさん。体調が優れなかった辰巳泰子さんが無理をおして刷り上ったばかりの「月鞠」九号を持ってきてくれると電話あり。体を心配する。ありがたい。


 テキーラさんの行きつけのバーで再度飲みなおし(トニックウォーター)。上京のたびに訪れるバーですっかり落ち着いてしまう。あとは短歌話と女子力の話に花が咲く。
[PR]
Commented by at 2010-10-11 08:18 x
いいなぁ、読んでてわたしもなごみました。
Commented by 稲泉 at 2010-10-11 18:31 x
昨夜はお疲れさまでした。
初めて聴いた絶叫短歌の迫力に短歌や詩歌と音についていろいろ考えました。

前回はあまりお話できなかったのですが今回は短歌のおはなしが嬉しかったです。

お疲れさまでした!
Commented by パンタタ at 2010-10-11 19:06 x
文さんへ

関西で会うのもいいけれど、
一回東京へ一緒に行きたいですね。

Commented by パンタタ at 2010-10-11 19:07 x
稲泉さんへ

お疲れさまでした。
今回は中也が中心でしたが、いろんなバリエがあるんですよ。
また、東京で。次は来年1月10日を予定してます。

by alglider | 2010-10-10 22:12 | 日々是口実 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧