神無月尽日雨に祈る  (短歌連作十首)

f0100480_15532466.jpg


22:25



空 か ら の 言 葉 は お も く う つ む け ば 雨 の 降 り だ し 傘 を ひ ら か な
そらからのことばはおもくうつむけばあめのふりだしかさをひらかな



雨 の 日 を い か に 過 ご さ む 音 楽 も 開 い た 本 も 濡 れ て ゆ き た り
あめのひをいかにすごさんおんがくもひらいたほんもぬれてゆきたり



安 定 剤 わ れ を 鎮 め り 何 丁 目 何 番 地 か に 棲 み た る ツ グ ミ
あんていざいわれをしずめりなんちょうめなんばんちかにすみたるつぐみ



背 中 を お す 何 も の か ゐ る 神 無 月 か ほ り に む せ て 冬 に は い り ぬ
せなをおすなにものかいるかんなづきかおりにむせてふゆにじはいりぬ



あ る も の は あ る べ き と こ ろ に お さ ま り て や が て 始 ま る 叛 乱 の あ り
あるものはあるべきところにおさまりてやがてはじまるはんらんのあり



雨 ぐ も の う ら め し き こ と 十 数 年 飼 ひ な ら し を る わ が 偏 頭 痛
あまぐものうらめしきことじゅうすうねんかいならしおるわがへんずつう



天 に む け 返 す 祈 り を ひ と つ 持 ち 沐 浴 す ま せ 雨 ぐ も と 面 す
てんにむけかえすいのりをひとつもちもくよくすませあまぐもとめんす



雨 の な か ゆ ふ ぐ れ は 来 ぬ お ほ ぞ ら の 背 骨 の ご と く 鉄 塔 の 立 つ
あめのなかゆうぐれはきぬおおぞらのせぼねのごとくてっとうのたつ



何 も か も ゆ が ん で ゐ る の だ ゆ ふ ぐ れ の つ れ て 来 た れ る 閃 輝 暗 点
なにもかもゆがんでいるのだゆうぐれのつれてきたれるせんきあんてん



日 の 暮 れ に パ ソ コ ン ひ と つ 灯 し ゐ て タ ク マ ラ カ ン を 検 索 し を り
ひのくれにぱそこんひとつともしいてたくまらかんをけんさくしおり

 




只今のながらCD

CLASSIC / DIANA ROSS
[PR]
Commented by ボブ at 2010-11-01 01:02 x
お久しぶりです。
相変わらず精力的に詠んでおられますね。わたしはこのところ不作です(((^^;)

パンタタさんもタクラマカンに興味がおありですか?いつか一緒に行きませんか?
わたしにとっては、いつか必ず行きたい場所なんです。住みたいんですよね、一、二ヶ月くらい。
Commented by パンタタ at 2010-11-01 21:05 x
ボブさんへ

いやー、一カ月二十首詠めたらいいほうです。

タクマラカンは意味を調べてというか、確認していたんです。
行ってみたいけどね、シルクロード。
住みたい、とまで思ってませんが.... -"-;

by alglider | 2010-10-31 15:53 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧