M へ捧ぐ 短歌六首連作

f0100480_17523828.jpg


23:23


 かつての


 飲み友だちM女史が亡くなった。昨日の昼1時50 分に容態急変のメールがきて、真夜中の午前1時32 分に逝ってしまった。享年42 歳。若すぎる。シングルマザーの道を選んで、子供の名前は頼まれて私がつけることになった。「名前には『生』の一字を必ず入れてね」がリクエストだったのに。生きたかったろう。闘病日記に切々と「生きたい」と書かれていた。子供は今年小学校に上がったばかり。


 葬式はしないということで、遺体は家に安置され、お兄さんや親族が見守っていた。明日、荼毘にふされるというので、昼から別れの言葉を言いに行ってきた。枕元には好きだったのかマイケル・ジャクソンのCD があって、従妹さんがPLAY ボタンを押すとマイケルの声で「We Are The World」 が流れてきた。


 そして闘病日記とチューハイが一缶。お酒が好きだった。そして肝硬変になったのだった。肝硬変は不可逆の病だ。女性の肝機能の正常値は男性の半分ほどに設定されている。それだけ女性の肝臓はアルコールに弱い。M女史は男並み、いや、それ以上に飲んでいたかもしれない。肝硬変が原因で腹水が溜まり、動脈瘤が破裂し、そして死因になった肺水腫に至った。肺のほとんどが体液で満たされ呼吸ができなくなるという。お兄さんは「溺死です」と。しかし、苦しまずに逝ったらしい。それは誰の死に立ち会っても安心させられる言葉だ。


 安らかにと祈る。




メ ー ル 終 へ 震 へ て ゐ た る 指 先 の そ の 先 に あ る 死 の や う な も の
めーるおえふるえていたるゆびさきのそのさきにあるしのようなもの


礼 を 欠 く そ ん な 気 が し て 風 の 日 に マ フ ラ ー 巻 か ず 会 ひ に 行 き た り
れいをかくそんなきがしてかぜのひにまふらーまかずあいにゆきたり


改 札 を 抜 け れ ば も は や モ ノ ク ロ の 映 画 の 中 に 入 り 行 く や う
かいさつをぬければもはやものくろのえいがのなかにはいりゆくよう


肺 水 腫 な ぜ そ の 川 を 渡 つ た か ベ ッ ド の 上 の 溺 死 と い ふ や
はいすいしゅなぜそのかわをわたったかべっどのうえのできしというや


目 の ま へ の 死 を い か ん せ ん 唇 の 赤 々 と し て 横 た は り を り
めのまえのしをいかんせんくちびるのあかあかとしてよこたわりおり


日 没 の う つ く し け れ ば け ふ の 日 を 終 へ て も よ し と 歩 み 速 め り
にちぼつのうつくしければきょうのひをおえてもよしとあゆみはやめり





只今のながらCD

SCARY MONSTERS / DAVID BOWIE
[PR]
by alglider | 2010-11-14 17:52 | 短歌 | Comments(0)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧