死よりなほ + 短歌一首(再推敲しました)

f0100480_2105798.jpg


22:09



死 よ り な ほ 選 ぶ も の あ り え ん え ん と 公 孫 樹 並 木 の 冬 降 り や ま ず


しよりなおえらぶものありえんえんといちょうなみきのふゆふりやまず




 疲れ果てた。


 朝から姫路文学館へ「没後50年 歌人岸上大作展」へ出向く。はからずも今日は岸上大作の命日であった。記念講演をする福島泰樹さんは朝、生誕の地、福崎に向かい墓前で読経してきたという。きょうの福島さんは気合いが違った。


 私は鞄を取り替えて行ったので、精神安定剤を持って行くのを忘れていた。講演が進むにつれて、短歌が死に向かう詩形のような気がしてきて、精神が不安定になってしまい、講演中動悸が激しく、パニック発作を起こしてしまった。しんどかったあぁぁぁぁ….


 講演終了後、福岡からきていた月光の会員O君と、私と福島さんと文学館の学芸員の人と軽く打ち上げ。パニックのことを話すと、O君が「パンタタさんずっとため息と深呼吸してましたね」。通路をはさんだ隣席のO君にまで聴こえていたらしい。歌は追悼、挽歌であってよいのだ、と福島さんとO君の会話に黙して頷く。生きている限り見送る側なのだ。生きている私が認める花も空も海も人を見送る。


 帰りの電車内でも幽体離脱してしまったような感覚で、心は現生にあらず。最寄駅に着き、辰巳泰子さんにSOS の電話を入れる。留守電だったが折り返し電話あり。辰巳さんは「胸苦しくなって正常。薬がなかったからこそ正常な反応だったのじゃない。いいわあ、素敵だわぁという反応はありえない」。はい、おっしゃる通り、しかし、しんどかった。こうなったら、深くこの苦しさにお付き合いしませふ。そこにまた歌がある。兎に角、果てました。けふ。


 追記:こんなことを書いていると、お咲きさんのおばさんが亡くなったとの知らせ。私は行かぬが、お咲きさんは告別式に帰省。黙祷。



 そんなこんな。




只今のながらCD

........FOR THE GHOSTS WITHIN’ / WYATT, ATZMON, STEPHEN
[PR]
Commented by at 2010-12-05 21:35 x
ぎゃぁお、なになに、このゑ!
すきだなぁ...
Commented by NEU!(ノイ!) at 2010-12-05 22:37 x
精神安定剤を、一回飲み損ねただけでこれ?
うーん。薬って凄いというか大事というか…
Commented by パンタタ at 2010-12-05 23:14 x
文さんへ

ぎゅぁお、って。絵ではありませぬ。
隣町の駅の夕刻の写真です。
画素が荒いからこういう色調が偶然撮れます。
そこが携帯写真の面白いところです。

Commented by パンタタ at 2010-12-05 23:16 x
NEU! さんへ

逆プラセボ効果っていうか、
忘れた、と気付いたときから微妙な不安が始まったりするんですよ。
習慣化されてるからね。
NEU! さんは何も処方薬は必要ないのですか?

Commented by at 2010-12-06 06:58 x
うん、うん、携帯写真、です。
パンタタさんのは、少しばかり青が強くて、ちょっと昔の雑誌のグラビアや、LPレコードのジャケットの写真や、映画のポスターや、そんな雰囲気があります。
Commented by みほお at 2010-12-06 09:10 x
はじめまして。わたしも昨日姫路文学館に行ってきました。こちらのブログを拝読し、また感動があらたになりました。おからだお大事に。講演の途中泣いている方もおられましたね・・わたしも揺れました・・
Commented by NEU!(ノイ!) at 2010-12-06 10:54 x
>NEU! さんは何も処方薬は必要ないのですか?

日常で、色々と不便を感じることは多いのですが、
どこまでが病気なのか…
甘やかされて育って、自己憐憫が強く、社会性が欠落し、
天然が入っているだけの、人格障害なのではないかと…
気質や人格障害は、治らないそうですから…
Commented by パンタタ at 2010-12-06 20:57 x
文さんへ

たしかにレトロっぽいですな、笑

Commented by パンタタ at 2010-12-06 21:01 x
みほおさんへ

はじめまして。なんだかうれしいな。
しんどかったけど、同じ時間、同じ場所にいた人から
初コメントこらうなんて。
ブログの方にお邪魔しました。
短歌を作ってられるんですね。
これからもときどきお邪魔しますね。
よろしくお願いします。

Commented by パンタタ at 2010-12-06 21:03 x
NEU! さんへ

気質や人格障害っていっても
日々の生活が楽になる薬はあると思いますがね。
ただ、薬がいいかといえば、頼らないで済むならベターですわなあ...

by alglider | 2010-12-05 21:00 | 短歌 | Comments(10)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧