ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

第九 + 短歌一首(推敲しました)

f0100480_203124.jpg


23:37



さ や う な ら 忌 中 の 紙 に 陽 の あ た り 懐 か し き も の に 変 は り は じ め り


さようならきちゅうのかみにひのあたりなつかしきものにかわりはじめり



 初めての


 クラシック。シンフォニーホールへは、JR 福島駅から大勢の人でその流れに乗って向かう。第九って本当に年末の行事として楽しみにされているんだなあ、なんて思う。


 音はもっとガンッと響くものかと思っていたが、ガンッではなく大きな波に飲まれているようだった。バイオリンやチェロの調べに乗ってちょっこしウトウトと眠りが入る、私。でも、お馴染みの「歓喜の歌」のメロディーが始まると、ぐっと身を乗り出して拝聴。しかし、人の声ってすごいね。マイクを通さずにあれだもの。合唱ではなくて、ソロをとるテノールやソプラノの人のこと。吠え猿よりすごい。


 私よりお咲きさんが大層お気に入りだったようで、満足されていました。指揮者の佐渡裕ってタッパがあるから舞台映えするな、役者じゃないけど。



 そんなこんな。



只今のながらCD

SONGS FROM MIRAGE / ARANIS
[PR]
Commented by NEU!(ノイ!) at 2010-12-20 05:21 x
私も、先日、新日本フィルのコンサート
(演目は、ボロディンとかシベリウスとかの…)、
そしてサントリーホールでは、お昼の無料コンサート
(パイプオルガン…ヘンデルとか)へ行きました。
全く門外漢ながら、ここのところ、クラッシック漬け。
通常のロック野郎よりも、プログレ君は、やや有利か?
Commented by パンタタ at 2010-12-20 21:48 x
NEU! さんへ

プログレ系君は絶対有利ですね。
シンフォ系聴いてますからね。
キャラバンのオーケストラバージョンなんかとってもいいもの。

by alglider | 2010-12-19 20:03 | 短歌 | Comments(2)