私の楢山節考 (ダイエットな新刊本改題)

 そうそう、これが以前から頭の隅で背中のマン真ん中にできた発疹のように気になっていたものの正体だ。これこれこれよね.....。

 [身に迫ってくる迫真のリアリズム(頭が頭痛、腹を切腹、馬から落馬、海の海賊、山の山賊と一緒やないかっ!)!著者の全身全霊、生死をかけた真実のレポート。これを読んだら世界への視点が変わること保証します。/○●堂・足裏嘗男]

 [私の知らなかった愛の物語り。最終章をめくる時、私も人生の一頁をめくってしまいそうで思わず躊躇しました。でも今年のベストテンに必ず入ってくる作品です。●○書店・綾乃小路アヤメ]

 [天地動転!まさかまさかのドンデン返し!このトリックの発見は太陽系の10番目の惑星の発見に等しい。「このミス」のランキング一位は早くも決定した。オレ寝られなかったっす。/ブックス●●オセロ店・塔々昌夫]

 以前というのがどのくらいかというと、私がアルアル大病院Ⅱを退院したころだから、一年三ヶ月前ぐらい。私はミステリーファンだから、書店でドドーンと平積みされて、●●云々の衝撃ミステリーなんてドカドカ派手なポップで飾られた文庫の山に目を引かれた。その本は[報復/ジリアン・ホフマン/吉田利子訳/ヴィッレジブックス ソニーマガジンズ/860円+税(こんな出版社知らんかった。時の流れを感じる私。理由は後ほど出てきます)。私にとってはまぁまぁの内容だったけれども、売れたみたい。ん、売り上げは別にいいのよ、お父さん。そうであった、そうであった、お咲き。そう、問題の背中のマン真ん中にできた発疹の正体は、この文庫に付いていた腰巻きである。あの、腰巻きって翻意や宣伝文句の書かれている帯のことね。はいはい、確かに赤いのアリマス。そういえば[報復]も赤でしたね。

 んで、その[報復]の腰巻きの裏のほうにあった、この一文が頭の隅に残っていたわけなんです[全国の書店員さんからの熱い賛辞がよせられています]それで、サンプルとして上記のように?の訳の分からん出足にしたの(^^)v んでもって、これやこれやって記憶が甦ったのが、一昨日の新聞の新刊広告によってで、この全国の書店員さん戦略が新聞でも用いられていたの。こんなんで購買欲をそそられる人がいるのだなぁ、という現実に驚いているわけっす。版元も代理店も高い広告費を出すのだから、それ相応の効果が望めるのね。しかし、私には怪しくこそあれ、まったくの説得力を認めることができないでいる、で、泣いているの(ToT)。

 私は大学を卒業して、就活は一切せず、バイトをしていた大学生協の書籍部にずるずると面接・筆記試験を 優秀な成績でもって通過して専従となった。本の上にも5年、働いた。まだISBN導入前、POSシステムもなかったころだ。だからこそ、大学生協という特殊事情も手伝ったが経済であれ人文であれ芸術であれ理学であれマンガ雑誌(少年チャンピオン断トツ全盛、死刑!)であれ身を持って覚えた。徹夜でスリップ(本に挟み込んでる紙片)を数え、整理した。本(屋)を覚えるということ、また売るということは総論は流れを知り、各論は内容に分け入るということだ。そりゃ、分け入っても分け入っても青い山、っていうこともある。しかし、人生至る所に青山あり、だ。組合員さんに本を紹介する(売る)ために書評誌の編集にも携わった。確かに女性誌の新刊ラッシュのときグラム・重さで評するという画期的なアホな雑誌評もやったが........。現存する女性誌はSayぐらいか....?。まぁ、とにかく苦労したのだ。

 そそそれが、新刊に書店員のショート(評)コメント、賛辞やとぅ、おぅ、責任とってもらおうやないかないか道頓堀よ!けつねうどんが好きで油揚げ職人になる人生は分かる、うどん屋になる脱サラ人生もよう分かる、本が好きで本屋に、編集者に、文筆家になるのも儲かるか儲からへん関係なしに、めちゃくちゃ親身によう分かる。しかし、責任取られへんところにおって[休日返上間違いない!]やとぅ、ウソやったら時間返してくれるんかい(`曲´)/マズイ、ヤバイ(これ本来の使用例)ヒートアップし過ぎとるがな、クールにいかな、これからのNIPPONはCOOLがウリらしいからネ、遅れんと付いていきましょそうしましょ。今、私の足元から無作為に二冊本を取り出したけど、腰巻きには菊池信義、三浦雅士、偶然小難しい人たちがでてきたけど、ちゃんと責任取りますよ、当然。例えデーモン閣下が面白おかしゅうに[この本は悪魔の世界のベストセラーだ、ワッハッハハ]と書いても、大槻ケンヂさんが[開くと特撮の世界へ]と自分のバンドをチャッカリ宣伝したとしても、それは責任の所在がはっきりしている。何か苦情がでれば書店員評も出版社が責任をとるだろう。しかし、署名入りには個人が負うべきものがある、大袈裟やけど文責とはそういうものだと私は思うのだだだ........っ。自信があるんやったら[本の雑誌]の書店員評をやってみたんさい、どやっ。

 ん〜で、疲れてきたから先を急ぎまするる....。騙されるほうが悪いのよ、また、そんなの知ってて購入するのだから別にいいじゃん、てな声もあるでしょう。でもね、でもね、騙されるにも別にいいじゃんにも、ささやかな礼節というもんは介入しますよ。親しき仲にも礼儀ありやし、私の財布にもお咲きさん(奥さんです)口座名義のファミリーVISA CARDありだ。

 またこうも思うのだ。本を対面販売の八百屋のオッチャンが売るように、売ったらアカンと。安いで、安いで、旨いよ旨いよ、の掛け声で本を売る感覚が分からないし、それ、ちゃいまっしゃろと思う。ダイエット(やっと登場です)の宣伝みたいに、三日で10キロ痩せましたっていういかがわしい体験宣伝してしまうわけ。やっとるけど.....。ましてや、私の好きなネーミングのスリムドッカンのネーム勝負するの........。書店員が読んで興奮して眠れず赤い眼して[オレ徹夜っす]ていう写真登場させるん。

 本は書店に行って自分の眼で確かめて買うのが一般的なパターンで、当然のことを言うけど書店員が作り上げた本の陳列こそが書店の顔やんか。平積みだけではない。ジャンル分けの流れ、構成、棚の位置、通路の幅、すべてが顔だし、そして、味のある顔は内容への踏み込み度合いで確実に変わってくる。書評ではないのよ、ましてや自分で書いた書店員評なんて何をか謂わんや。インターネット販売も同じだし、ブックサービスも一緒だ。その努力をしている書店員が、自分の売る本に自分の書店員評ですか。新刊の腰巻きは店内ポップの延長なの?どうすんねん、プンプン。冷静に考えておかしいと思わない?責任とかさぁ、自信とかさぁ、自分の能力とか色々さぁ、お客さんお金出して買うんよ、と平穏な気持ちのありようで尋ねる私。自分で自分の子供を誘拐して身代金要求?本を売りたい薦めたいのポップはええけど、公の腰巻きは違うでしょ書店員さん。努力するとこ違うでしょ。古い話なるけど、上野千鶴子の[セクシィ・ギャルの大研究]と浅田彰の[権力と構造]をね、これ片やカッパノベルスのペラペラ装丁、片や頚草書房の単行本見た目全然違うし一般へのデビュー作やし、ネームバリュー全くないし、内容で並べて平積みにして書店の顔作ったわけ。ちゃんと予想を超える結果をだした。売れたわけ。そんなん楽しいですよ書店員として。普通やん当たり前やんのホクホクした努力ですよ。店員さんへ小言がこの文の論点ちゃうのよ。別に白川静の今年のカレンダーを店員に袋に[丸めて入れていいですか?]尋ねられたから言っているのでは決してないのよ(^ ^)。

 私は怒っているのでも決してありませぬぬぬ......。私はもともと怒りの感情は少ない人で、お酒を断ってからほとんど怒りの感情はない。しかし、前にも書いたように[私は現象にか過ぎない]と心得ているから、先は分からんちんなのだ。そして、怒っているのではなく[分からんちん]をそのままの?マークで描いているのだ。断酒して得たものは、分からないものを分からないと描き他人に伝える、という平穏の感情だ。店員さん個人から離れて時代の方へシフト。実は次が論点というか私の悩み。今までぜーんぶ前振り。本当は私の悩み嘆き節なんです、この文章の伝えたいところは。えぇ、時代ですよ。軽薄短小いいっすよ、カジュアルいいすよ、フリーター結構、ニートますます、アキバこそっり覗いてみたい、リストカットちょっと恐い、書店員評分からない。同じ土俵でしょ。今の時代それを文化として世間として捉えなおさなければならないんでしょ。分かっとりますがな。でも今の私はその手掛かりを少ししか持たない。それも多分古い。旧態依然。残念至極なのである。書店員評のどこに購買者への説得力や訴求力、いや、それがなくても効能があるのか分からないでいる。これって面白い!っていうアイデアさえ書店員評に感じられない私。でも効果三本で一本やから代理店やってるんでしょ。こういうときの大塚英志さん頼み。大塚さんどうか橋渡しをおねげぇしますだ、カムサムニダ<(_ _)>

 ね、これほどにも私は謙虚である。私が本屋で働いて得たものが通じなくても信じている。ここまで書いてしまって、逆にそれは無効ですよと私が責を問われるのなら、私は私を育ててくれた[本屋]をおぶって嘆き節、もとい、楢山節考するしかないのであるるる.....悲しいいいい....。

今日のながらCD
EAT A PEACH/ALLMAN BROTHERS BANND
Shepherd Moon/enya
*BLOG MAKING REPORTパソがフリーズばっかりして、聞きたいALLMANの曲MOUNTAIN JAMまでいかないのでenyaに変えたenyaならどこでも一緒なのだ.

今日の一文
言葉なんかおぼえるんじゃなかった
日本語とほんのすこしの外国語をおぼえたおかげで
ぼくはあなたの涙のなかに立ちどまる
ぼくはきみの血のなかにたったひとりで帰ってくる
                           帰途(抜粋) 田村隆一



f0100480_20592543.png

[PR]
Commented by プータロー at 2006-04-01 21:35 x
パンタさん、表彰おめでとう御座います。
高価なサボテン大事に育て下さい。
サボテンの花綺麗ですよね、今日は本当におめでとう御座います。
継続を祈ります。
Commented by テムジン・与作 at 2006-04-01 22:08 x
お花が 好きかな・・・

想いのまま・・・

の~~

梅・・・ とか~~

椿 平凡です!!!

想いのままの の 椿ありますか?

想いのままの サボテン

あるかなぁ~~~

想いのままの 桃 はありますが・・・・

いずれも・・・・

思いのままに・・・・咲きませんよねぇ~~

Commented by パンタ at 2006-04-01 22:31 x
テムジン・与作さん、もしよかったら[想いのまま....]と[思いのまま...]の違いというか、使い分けというか、使用意図をご教授願えたらと思っております。想ぞうするに....分かりませんんん・・・(^^)/
Commented by black-board at 2006-04-02 12:19
おつかれやね・・・たしかに長い・・・
帰宅してから眺める事にいたします。
by alglider | 2006-04-01 20:59 | 回復過程 | Comments(4)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧