「ほっ」と。キャンペーン

寒き春の日 + 短歌二首

f0100480_2220293.jpg


22:38


紅 つ ば き 音 な く 落 ち し 春 の 日 の 地 に 着 く ま で の な が き 一 瞬

べにつばきおとなくおちしはるのひにちにつくまでのながきいっしゅん



紅 こ ぶ し 泣 き な が ら 散 る や は ら か き 風 を 憂 ふ は 生 き て を る ゆ ゑ

べにこぶしなきながらちるやわらかきかぜをうれうはいきておるゆえ



 お咲きさんが


 伯母さんの四十九日で朝早く帰省した。私は自治会の総会出席などの雑用をすませ、肌寒い春の散歩へ。林を抜けると公団住宅があって、そこから三味線の音が聞こえてくる。紅白の幕を張ってみなさん花見でありまする。「寒い花見ですなあ」と声をかけると「ほんまに」とおじいさん。煙草をふかしながら公園へ。途中に紅こぶしの花が、きれいである。


 近所の公園といっても府立なのでなかなか広大で立派なのだ。ずんずんと進んでいくとまた三味線の音。ここでも花見絡みのイベントをやっている。寒いけど日程が決まっていたから仕方がない、といった様子。三味線弾いているおばさんたちも寒そうだ。もちろん椅子に座って見ている人たちも。私も我慢してしばらく聞いていた。曲名は分からず。


 生きているもの生きなければならない。そして、生きているというのは見送ることなのだなあ、と思うこのごろだ。



 そんなこんな。



只今のながらCD

MOONFLOWER / SANTANA
[PR]
Commented by tanka_meitey at 2011-04-06 00:18
このジャケット、雲海ですかね?…
この世のものとは思えない光景だぁ〜〜〜

>生きているというのは見送ることなのだなあ、

・・・つくづく・・・
Commented by パンタタ at 2011-04-06 20:33 x
冥亭さんへ

そう雲海。これは生ジャケ見た方がいいよ。
圧倒的に美しい。できればレコードの大きいほうで、笑

そう...つくづく...その言葉が最初、日記に入っていたのですが取っちゃいました。

by alglider | 2011-04-03 22:20 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧