ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

赤と黒

f0100480_2205635.jpg


23:21


 明日は


 粗大ごみの日で、さっき収集所にごみ(もっぱら、お咲きさんが使った貼るカイロ)を出しに行ってきた。そしたら、満月である。美しいものは不安を誘発させる。また、大きく輝く月は、私が宇宙に暮らしていることを思い起こさせる。おつかれエンデバー。


 今日は久し振りにブロンディを聴いている。初来日は大阪にもきて、ロックバーで出会ったことがあった。緊張しながらジーンズの膝にサインをしてもらった。それは美しい人で、これも不安を誘発?というか、膝がガクガク震えたのを覚えている。デボラ・ハリーが片手で私の膝を押さえ付けながら、そして笑いながらサインをした。言いふらすとみんながうらやましがったものだ。


 そのとき、ベースのナイジェル・ハリソン(元シルバーヘッド)がコンバースのハイカットの黒と赤を片一方ずつ履いていた。カッコよくって、すぐにまねをする。もう30年以上も昔の話。黒と赤のコンバースを右、左と履き、靴を脱ぐ居酒屋に行ったとき、帰ろうとしたら靴がない。仲居さんに尋ねると「ええ、誰か酔うた人が間違うて履いて帰ったかいな、と思って、一方ずつ奥に取り置いてます」やて。ちゃうがな、シャレで履いてますの、色違いで。


 ああ、懐かしいことを思い出す、満月の夜である。




 そんなこんな。



只今のながらCD

BLONDIE / BLONDIE
[PR]
by alglider | 2011-05-17 22:01 | 日々是口実 | Comments(0)