文月朔日 + 短歌一首

f0100480_22124821.jpg


23:36

爪 ふ か く 切 つ て し ま ひ き キ ー ボ ー ド 馴 染 め ぬ ま ま に 今 日 を 終 へ た り


つめふかくきってしまいききーぼーどなじめぬままにきょうをおえたり



 ささやかな


 誠実さ、みたいなことについて先日のブログで書いたけれど、今日はそれができなかった。そのせいで小さな棘が肋骨に刺さって、気持ちが悪い。居場所がない気分で、ため息ばかりついている。些細なことなのだが、もともと些細なことしかできない私が、些細なことを反古にしたのだから、これは100%の割り合いでげんなりしている。病気のせいでもあるのだが、病気との付き合い方をしくじったのだった。一進一退。三歩進んで二歩半下がる、笑


 そのようにして、私の文月は始まった。ベッドに寝転がって胸に手を当て、棘を抜く。そして棘を陳列ケースに入れ、日付を書き入れる。2011 年7月1日採取、棘目些細科反古属棘種。注:返し付き。



 そんなこんな。



只今のながらCD

FUZJKO IN PARIS / INGRID FUZJKO HEMMING
[PR]
Commented by ya at 2011-07-02 16:56 x
この記事いま拝読。このところ、おかげん今ひとつみたいですね。
日頃、ごめんどうおかけしております。
ご負担の一つでしょう、だけどいつも、ありがとうございます。

抜いた棘が花になるかも。
Commented by パンタタ at 2011-07-02 20:09 x
ya さんへ

このところの調子はどうなんでしょう...
じぶんでも?ってな感じです。
まあ、本日、逆流性食道炎は完治の診断をもらいました。
の~んびりしなくては。
胃関係はストレスですからね。

by alglider | 2011-07-01 22:13 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧