ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

宇宙開闢

f0100480_209051.jpg


21:54


 自然と


 涙が出たのは、昨日の花火大会のことである。会場では「打ち上げますよ~」などのアナウンスがないから、それは急に始まった。急に夜空が明るくなり「ドドーン」と轟音が響く。そのとき、ふと涙ぐんでしまったのだ。しばらく止まらず頬をつたった。


 母が死んだ時も父が死んだ時も、悲しみの中にいるのに涙は出なかった。私が最近、涙するのは「ふい」の感動(自分では意識していない)である。花火のときは襲われたというべきか。他に、経験上分かっているのは、女子マラソンのゴールで涙がふいに出る。格好が悪いので鼻水をすする振りをしたりする。娘さんが幼かったとき、一緒にセーラームーンの映画を見に行き、セーラー戦士たちの地球を守る戦いに涙が出たけれど、これも娘さんの手前格好が悪いので、映画館の冷房の利きすぎのせいにした。


 で、写真を宇宙のものにしたのは、昨日、花火を見ていて宇宙を思い出していたからである。打ち上げられ、昇っていく火球が見えるときもあるが、見えずに突然は花火の花が開く場合が多い。その時は、本当に無から有(星)が生まれたかのような感覚に陥る。「宇宙ビッグバン理論」である。数ある中の有力な説の一つでしかないが、花火で目の当たりに宇宙開闢の瞬間を見る。


 それと散った花火がどこに向かうか分からず、勝手気ままに花火の花弁がスピンする。それも、予測不能の素粒子の振る舞いを思い起こさせ、本当に宇宙の始まりに立ち合っているかのようだ。神秘的で楽しく、かつ深淵である。宇宙の誕生ゆえに涙した、と言ってもあながち間違いではないかもしれぬ。どちらも理解の届かない、想像上の理由しか持ちえないものだから、響き合ったのかもしれない。




 そんなこんな。



只今のながらCD

NOVELLA / RENAISSANCE
[PR]
Commented by 拓諳 at 2011-08-07 23:50 x
改めて昨日はおつかれさまでした。
セーラームーンには自分も密かに頬を濡らしました。
また来年も行きましょう!
Commented by ツトム at 2011-08-08 01:06 x
花火も見たかつたけど、パンタタさんの涙も見たかつた。
きつときれいだったことでせう。行けなくて残念でした。
Commented by 稲泉 at 2011-08-08 20:03 x
わたしも祖母が亡くなった哀しみが強くて5年以上、泣けませんでした。
ある雷鳴と豪雨の中でうごくワイパーを見てはじめて泣いた。

そんなことがありました。

ふい。

ありますね。
Commented by パンタタ at 2011-08-08 21:54 x
拓諳さんへ

そうかおぬしもセーラームーンで頬を濡らしたくちですか、笑
来年も...体力あるかしら?
感動はしたけど、疲れも大きかったっす、笑

Commented by パンタタ at 2011-08-08 21:56 x
ツトムさんへ

私の涙なんて見ても仕方ないじゃないですか。
花火、花火、メインは花火っす。
来年は行こうね。

Commented by パンタタ at 2011-08-08 21:58 x
稲泉さんへ

えーっ、5年以上経ったら涙がでたのですか?
私、夢も見なくって、我ながら薄情者と思っておりまする、笑
涙は、ふい、だネ。

Commented by きゃろ at 2011-08-11 01:32 x
パンタタさん、お忙しい中、歌集を送っていただき大変ありがとうございました。本当に申し訳ないです。
花火の映像を見せていただいて、私も宇宙を思っておりました。といっても、宇宙「広し」と雖も、こんな壮大な道楽を心の底から享受できるのは絶対にわっしたちNIPPONJINだけだろうって感動がこみ上げたレベルですが。(笑)
パンタタさんのご記載にさらに感動を熱くしました。
Commented by パンタタ at 2011-08-11 21:36 x
きゃろさんへ

どうもどうも、お安いご用で。
一度、大阪へ足を延ばしてくださいね。

by alglider | 2011-08-07 20:09 | 日々是口実 | Comments(8)