ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

柳ジョージさんR・I・P

       

21:59


 柳ジョージさんが


12日に亡くなった。享年63歳。熱狂的なファンではなかったが、ライブレコードはよく聴きこんだ。アル中真っ盛りのころで、下に歌詞を記した「プリズナー」は、本当にその通りだなあ、と思ってしみじみ聴き入り、涙したこともあった。何日も家に帰らず、街で飲み歩いていた日々はまさにこのような朝だったし、そしてそのまま夜へ突入していたのだった。それの繰り返し。

「昨夜(ゆうべ)の酒に泳ぐ酔漢れ(よいど)れは 潦(みずたま)りの対岸(むこう)も見えない」

「悪銭(あぶくぜに)で買える幸せを 錘(つむ)ぎながら生きていこうか」

「教えてくれ何をすればいいのか 何処へ行けばいいのか」

「やがて昇る朝陽に照らされて 浮かび上がる夢の落とし穴」

「アスファルトの声 眩暈と出会いの毎日 俺はここから出られない」


こういった言葉はアル中の私には「分かっている、その通り。だが、どうしろと言うのだ」だと、心の声だった。しかし、どうすることもできない。無力であると知るまでには随分と時間がかかった。

ただ

「人はみんな PRISONER 広い都会の見えない鎖に繋がれても 踊り続けるよ」

という内容は上から人を見下した感じがして好きではなかった。だが、私はお酒のプリズナーであったことは間違いなく、そこはそう置き換えて聴いた。踊り続ける体力はなかったが、飲み続ける体力はあった。そして、それもいつしかなくなるのだった。



プリズナー

毀れ落ちた夜を拾い集めて
明けていく空に放り投げる
昨夜の酒に泳ぐ酔漢れは
潦りの対岸も見えない

人はみんな PRISONER
広い都会の見えない鎖に繋がれても
踊り続けるよ

忘れかけた心の痛みと
古い回帰の上を彷徨うか
悪銭で買える幸せを
錘ぎながら 生きていこうか

人はみんな PRISONER
広い都会の見えない鎖に繋がれても
踊り続けるよ

教えてくれ何をすればいいのか
何処へ行けばいいのか

やがて昇る朝陽に照らされて
浮かび上がる夢の落とし穴
アスファルトの声 眩暈と出会いの毎日
俺はここから出られない

人はみんな PRISONER
広い都会の見えない鎖に繋がれても
踊り続けるよ

[PR]
Commented by ボブ at 2011-10-14 23:16 x
その昔はカップスにいたんですよね。
わたしはエディさんが好きだったけどあの頃のメンバーは良かったな。

で、いま横浜にいてます(笑)
Commented by パンタタ at 2011-10-14 23:28 x
ボブさんへ

最初、カップスのボーヤ(器材運び)やってたらしいですよ。
お酒も下戸だった、という噂。本当かなあ...
ある友達(スクールメイツにいた)芸能通からの話。
エディさんはまだ健在でバリバリやってますね。
で、横浜かあ、笑

Commented by テキーラ at 2011-10-15 05:42 x
ああ、そうそう。この歌もいいよねえ。
Commented by パンタタ at 2011-10-15 10:27 x
テキーラさんへ

これいいですよねえ。他にも名曲いっぱいあるけど。
ライブを聴いては、ちょっとデイブ・メイソンを思い出していました。
ご冥福を祈ってます。

Commented by DORA at 2011-10-15 17:41 x
悔しくて仕方ないです。

ホントに好きだったから。。。
ジョーちゃん節、もう聴けないのかと思うと、つくづく残念で仕方ありません。

ご冥福をお祈り致します。。。
Commented by パンタタ at 2011-10-15 23:49 x
DORA さんへ

本気で好きだったんですね。
新しい歌は無理だけど、CD かレコードを掛けて、
思ってあげましょうよ。
肝臓がどうこうって書いてあったのを見かけたけれど、
お酒も関係あるのかな、やるせないですね。

by alglider | 2011-10-14 22:02 | 私とロックと中 | Comments(6)