ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

色づき始める + 短歌二首

f0100480_18125487.jpg


19:38

色 づ け る 葉 か ら 散 り ゆ く 順 縁 の ま た 新 緑 の 夏 を お も へ り

いろづけるはからちりゆくじゅんえんのまたしんりょくのなつをおもえり



枯 れ 葉 ち る 坂 道 を ゆ く わ が 膝 の 痛 み も 季 節 の 中 に あ り け り

かれはちるさかみちをゆくわがひざのいたみもときのなかにありけり



 今にも


 雨が降り出しそうな曇天の中、洗濯物を干す(結果、降らず)。低気圧なのか、家の中が暗い(照明器具が壊れている)からか、何だか気が重く、不穏な気分になっていた。あれこれ、どう過ごそうかと考え、遅い昼にスーパーへ出かける。年賀状の印刷予約をしにいったのだが、もう年末気分。商戦は早いね。早いけど季節は巡る、サークルゲーム。バッフィ・セント・メリーですよ。


 そろそろとマンションから通り抜ける林も紅葉が始まっている。



 そんなこんな。



只今のながらCD

SOMETHING COOL / JUNE CHRISTY
[PR]
Commented by 雪太郎 at 2011-10-24 09:00 x
年賀状を準備する季節ですね。
この時期と、実際に年賀状を受け取る正月だけ、干支を意識します。
普段の生活では、干支なんてどっか消えちゃったのに。
友人の息子は、子の刻を寝の刻だと思っていたそうな。
たしかに、ミッドナイトは眠る時間ですが・・・。
Commented by パンタタ at 2011-10-24 20:35 x
雪太郎さんへ

そうだよね、干支ってこの時期だけだよね、気にするの。
○○干支だから、気が荒いとかおとなしい、何て言いますが、
それも挨拶のようなもの。
寝の刻、受けました、笑

by alglider | 2011-10-23 18:13 | 短歌 | Comments(2)