ブログトップ

あるのすさび

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧

一首

f0100480_2141565.jpg


22:41

日 の 没 り の は や く な り け り 向 か ひ あ ふ ホ ー ム に 並 ぶ 人 は 動 か ず


ひのいりのはやくなりけりむかいあうほーむにならぶひとはうごかず



 お咲きさん


 風邪継続中。でも仕事は休んでいない。この時期は毎年忙しいお咲きさんである。今、横になって何やら電磁機器を背中に当てている。カチカチと音がする。私は明日、社内健診。



 そんなこんな。



只今のながらCD

AMALIA NO OLYMPIA / AMALIA RODRIGUES
[PR]
Commented by 雪太郎 at 2011-10-26 08:15 x
あぁ、たしかに。
日没がはやくなる頃、人影は動かない(ように見える)。
これが夏の日暮れだと、子供達が走って家に帰ったり、
オトナは遊びに出かけたり・・・といった「動」を感じるのに。
面白いですね、この歌。

お咲きさん、お大事に~。
Commented by パンタタ at 2011-10-26 20:49 x
雪太郎さんへ

そうでしょ。暗~い、蛍光灯の下の人の列は動かないのですよ。
静かですね。

お咲きさんのこと、ありがとう。

by alglider | 2011-10-25 21:43 | 短歌 | Comments(2)