「ほっ」と。キャンペーン

どうぞご無事で... + 短歌一首

f0100480_22215953.jpg


22:47

こ こ ろ 急 き ひ と 口 吸 ひ し 煙 草 け し 終 は り に し た き 何 ご と あ ら む


こころせきひとくちすいしたばこけしおわりににしたきなにごとあらん



 先週の


 土曜日のこと。病院に向かう途中だった。環状線の京橋駅ホームで、おばあさんから「住道へ行きたいのですが?」と尋ねられた。はいはい。「そこの階段を下りて、来た電車どれでもいいから乗ってください。住道はどれでも停まりますから」と返事したのだった。


 しばらくして、ふと思い出した。途中の放出駅から「おおさか東線」というのが新しくできていて、ほんま、たまーに奈良行きが来るのだった。それにこれも至極まれに放出止まりというのもある。それに乗り合わせるのは悪魔の所作に近いのだが、大丈夫だったろうか。土地に不案内なおばあさんが奈良まで行ってしまってたらどうしよう…うう。時間帯から見て、可能性はまずないのだが。私、自信を持って言い切ったからなあ…反省というか何というか。無事であったことを祈る。はあ。



 そんなこんな。



只今のながらCD

THE QUEEN IS DEAD / THE SMITHS
[PR]
Commented by 雪太郎 at 2011-10-27 08:49 x
パンタタさんって、いい人だ!
大丈夫、きっとおばあさんは奈良には行ってないですよ。
それに、もし奈良に着いちゃったとしても、秋晴れの良い天気でしたから、阿修羅でも観て「よかった」なんて仰っているかも。
ということにしましょう!(笑)
Commented by パンタタ at 2011-10-27 20:00 x
雪太郎さんへ

無事に住道に着いてくれていればいいのですが。
奈良に行ってしまって阿修羅でも見ようか、
なんてシャキシャキした人ではなかったしなあ。
たぶん大丈夫でしょう。
新聞にも出てないし、笑

by alglider | 2011-10-26 22:22 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧