ジャニス + 短歌三首

f0100480_21575881.jpg


22:31

遠 き 日 の 夕 ぐ れ つ れ て い つ ま で も 子 ど も の ま ま で 死 に ぬ る 覚 悟
とおきひのゆうぐれつれていつまでもこどものままでしにぬるかくご


覚 悟 な き 老 い た る 夕 餉 の ぽ つ ぽ つ と 皿 の 咲 き た る 蓮 の ご と く に
かくごなきおいたるゆうげのぽつぽつとさらのさきたるはすのごとくに


ま た 明 日 も 生 き て 目 覚 む る 曇 天 の 水 の に ほ ひ を 胸 に と ど め て
またあすもいきてめざむるどんてんのみずのにおいをむねにとどめて



 何故か


 本当に久し振りにジャニスが聴きたくなった。なんだかとっても新鮮、というのはどこかニュアンス違うのだけれど、幼い切なさみたいなものを感じる。ジャニスは大人の一歩手前にいる悲しさ満ちている。自由奔放さもスキャンダルさえも、どこかあの笑顔のようにいたずらっ子っぽい。Tell Mama とか辛いとまで言ってもいいやね。


そんなこんな。



只今のながらCD

18 ESSENTIAL SONGS / JANIS JOPLIN
[PR]
Commented by ボブ at 2011-12-16 09:00 x
ジャニスの夜でしたか。

ジャニス聞くと早寝できないんじゃないですか?

わたしも今夜聞いてみようかな。
どこに置いたか、探さなきゃ。
Commented by パンタタ at 2011-12-16 20:12 x
ボブさんへ

今日も多分、ジャニスです、笑
こういうのって続きます。

by alglider | 2011-12-15 21:54 | 短歌 | Comments(2)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧