一首

00:12

口 惜 し く 襟 を た て を り 冬 空 に 消 へ ゆ く の み の わ れ の 喫 煙


くちおしくえりをたておりふゆぞらにきえゆくのみのわれのきつえん
[PR]
Commented by 雪太郎 at 2012-02-02 08:28 x
口惜しく腹をたてをり税金に消へゆくのみのわれの喫煙

いや、ほんとは怒ってないんですけどね。
煙みながら「税金、ちゃんと使えよ」って思うくらいで。
Commented by パンタタ at 2012-02-02 21:19 x
雪太郎さんへ

煙草吸うんですか。
私たちマイノリティーになってきましたですな。

Commented by 雪太郎 at 2012-02-03 09:04 x
吸います。
地球上で最後の喫煙者になるまで吸う予定。

だけど、吸える場所がなくなって行きますねぇ・・・。

Commented by 稲泉 at 2012-02-03 17:57 x
わたしは父が50半ばで肺を傷めて障がいをもってから、喫煙反対派になりました。

昔は吸いたい人が吸えばいいじゃん!でしたが。
たいせつな人ほど禁煙してほしいと願うようになりました。

自力呼吸で眠れない生活って、本人だけじゃなくてたいせつな人を苦しめると思います。
Commented by パンタタ at 2012-02-04 00:09 x
稲泉さんへ

身近な人にそういうことがあればねえ...
ところが人ってそんなに賢くない、残念ながらね。

by alglider | 2012-02-02 00:12 | 短歌 | Comments(5)

さびしさを糸でかがればかぎ裂きのかたちしてをり棘のあるらし


by alglider
プロフィールを見る
画像一覧